メディア個別 古き良き物と出会う♪ 「東京蚤の市」が今春も開催! | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
ちょっとだけ、羽目はずしたい夏。
古き良き物と出会う♪ 「東京蚤の市」が今春も開催!

古き良き物と出会う♪ 「東京蚤の市」が今春も開催!

古くて味わいのある物や、かわいらしい物に出会えるということで人気のイベント「東京蚤の市」。その第7回が2015年5月9日(土)、10日(日)に開催されることが決定しました♪ 会場はこれまで同様の東京オーヴァル京王閣です!

青葉若葉がみなぎり、街に人々の活気が盛大に満ちるこの季節、会場には感性豊かな店主が営む素晴らしき古道具店や古書店、カフェ等が全国から約200店集います。

2つのステージで繰り広げられる、懐かしくも陽気な音楽、映画、演劇ブログラムでは、ここでしか味わうことのできない高揚感を。古きものへと想いを馳せるワークショップや、愉快で痛快な大道芸ももちろん健在です。さらに、昨年好評を博した「東京北欧市」も継続して開催が決定! さらに、今年は新たな特集イベントも同時開催いたします。
「第7回東京蚤の市」、2015年5月9日(土)〜10日(日)に開催決定!/第6回東京蚤の市

さてここで「それってどんなイベントなの?」というあなたのために、前回の「第6回東京蚤の市」へ行った人の声を聞いてみましょう。

たくさんの人で賑わっていますね! お祭りムードが伝わってきます。お店ごとのディスプレイもとってもおしゃれ。

音楽を楽しんだり、おいしいものを食べたりという楽しみ方もありますよ♪

でも、醍醐味は何といってもお店巡り。掘り出し物を求めて、様々なブースを覗いてみましょう。みなさんが手に入れたとっておきは……?

ちょっと味のある小物たち。一期一会の雑貨ばかりだから買いすぎちゃいそうですよね。

外国の古い絵本はなぜこんなにもデザインがかわいいのでしょう! お部屋に飾りたくなります。

飴のような雑貨は、チェコ製のビーズ。ヴィンテージボタンなどもゲットできるので、ハンドメイド好きにはたまらない!

東京蚤の市でのお買い物 その2 #東京蚤の市

yoshizawagamaさん(@onthetable_mashiko)が投稿した写真 -

蚤の市好きなら絶対にツボな、懐かしいムードのお菓子。友だちと一緒に蚤の市での戦利品について語り合いながら食べたいですね♪

1980年モスクワオリンピックの公式キャラ「こぐまのミーシャ」。レアな掘り出し物がうれしい!


雑貨や食器、お菓子までと、バラエティー豊か☆ 眺めているだけでも楽しくなりますね。

さらに、動画でのレポートも見つけました。

第6回東京蚤の市に行きました(2014.11.29)
YouTube/kmkrikti

いかがでしたか? 前回は秋の開催でしたが、今回は青葉が茂る5月に開かれます。暖かな陽気の中散歩がてら、素敵な物が会場中に並ぶ「東京蚤の市」に足を運んでみてはどうでしょう。きっと、あなただけの宝物と出会えますよ☆

<イベント情報>
第7回東京蚤の市
東京都調布市多摩川4-31-/東京オーヴァル京王閣
TEL:042-444-5367(手紙社)
会期:5月9日(土) 10:00~19:00、10日(日) 9:00~16:00
入場料:500円(小学生以下無料)

(古原悠+ノオト)

written by

古原悠
古原悠
街情報、インテリア系、音楽系などのジャンルで仕事をしているライター。散歩・読書・マンガ・音楽を聴くことが好き。万人にモテるより、好きな人にモテたい……! マイペースで地味な人間ですが、女子力とキラキラ感が少しでも身に付くよう、記事を書きながら勉強したいと思います。
この記事へのご意見はこちら