メディア個別 ずっと奥さんを愛し続けられる? 浮気する生き物・男の本音座談会 | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
警告、恋愛マンガ中毒!
ずっと奥さんを愛し続けられる? 浮気する生き物・男の本音座談会
男女のホンネ座談会

ずっと奥さんを愛し続けられる? 浮気する生き物・男の本音座談会

それぞれ異なる結婚歴を持つ4人の男性を集め、座談会を行う本企画。「結婚したいと思ってもらうにはどうしたらいい?」「逆プロポーズはアリ?」などの質問をぶつけた前回。

意外にも、「必死すぎて引かれちゃう?」と思っていた“逆プロポーズ”は男子に好評! 「(結婚を考えていなくても)断る自信がない」や「言われたらめっちゃ嬉しい」という意見が聞けました。

第1弾、第2弾で「結婚のきっかけ」や「結婚したいと思う瞬間」について伺っているとこちらまでほっこり。ふいに「結婚生活っていいよね」と思ってしまいましたが、そんなことでは筆者は騙されません! “男は浮気をする生き物”とか“釣った魚に餌はやらない”なんて聞きますからね。本当のところ、どうなのよ?

■今回も赤裸々トークをしてくれる既婚者&元既婚者の皆さん

渡辺さん:合コンで出会った、OLの奥様と結婚1年目の新婚さん。なんと友人期間約5年で結婚した0日婚!
ミスターさん:高校時代から付き合っていた彼女と30歳で結婚。パパになったばかりのイクメン。
てるひこさん: 1歳年下の彼女とは中距離恋愛を経て結婚。5年後の昨年4月に離婚したビギナーバツイチ。
トモキヨさん:年下の彼女と約1年半の交際をした後に結婚し、5年で破局。それからもう5年のベテランバツイチ。

■結婚する前の“不安”、結婚してからの“不満”をぶっちゃけ

──(まずはジャブから)結婚する前、不安はなかったのですか? 特に交際0日婚の渡辺さんは心配があったんじゃなかったのかなと思うのですが……。

渡辺:実際プロポーズしてからは2カ月くらいで入籍したんです。だからそれまでの間はワクワク、楽しみな気持ちがありました。

ミスター:僕も不安はなかったかな? 付き合いが長かったから。

てるひこ:僕も不安はなかったな。とりあえず「試しにしよう」って突っ走ってた。でも今になって振り返ると、もっとちゃんと考えないてから結婚しないといけなかったんだと思う。

トモキヨ:でも、自分くらいの年になると勢いがないとできないよ。

──では、結婚している時の今、不満はないのでしょうか?

ミスター:ちょっと妻が“かまってちゃん”なのでそれくらいかな?

渡辺:独身と比べて自由がないことかな? この前、飲みに行った時に自分が夫婦のルールを破ってしまって、鍵を閉められてしまったことも。すぐに開けてくれたけどね。飲みに行くのは「いいよ」って言ってくれているけど、やっぱり後ろめたさはあるなぁ。

てるひこ:えっ! 僕も締め出しを食らったことが……。その時は朝まで玄関で体育座りをしていたよ。(笑)

トモキヨ:僕も結婚している時には不満はなかったかな? お互い得意な家事を分担してやっていて、ふたりが苦手な掃除はふたりで頑張って。倦怠期の苦しさもなかったし。

──それだけ聞くと良い夫婦ですよね? トモキヨさんは、なんで離婚してしまったんですか?

トモキヨ:実は奥さんの度重なる浮気。1度証拠を見つけて離婚の話になったんだけど「どうしても別れたくない」ってことだったので、門限などのいくつかのルールを決めて再構築したんだ。でもその1年半後くらいに、また不審な行動があって、浮気されていた。それで、離婚を決意したよ。

一同&筆者:絶句


女性はマリッジブルーになる人も多いですが、男性はあまり結婚前に不安を抱かないものなんですね。

そして、トモキヨさんの離婚理由にびっくり! 男は浮気する生き物ってよく言われるけど、男女はやっぱり関係ないのでしょうか?

■男は浮気する生き物? 4人の浮気心を根掘り葉掘り!

──トモキヨさんのヘビーな話の後に聞きづらいのですが、男は浮気する生き物? みなさんは浮気願望はありますか?

トモキヨ:男に限らず、浮気は女性でもするよ。結婚していたときの自分の浮気願望は覚えていないけど、ほかの女性に興味がなくなるってことはないかな?

渡辺:男はだいたいそうだと思う。興味がなくなることはないんじゃないかな?

てるひこ:やっぱり「この子だったらどうだろう?」って考えることはあるよ。でも奥さんが怖かったから踏み込めなかったのが事実。願望はあるよ。

ミスター:僕はすっごいかわいい女の子と飲みに行っても、それだけで良い。飲みに行って怒られるとしても「ごめんなさい」で済むけど、一線を越えたらそれではすまない。奥さんに愛想つかされたら終わりだから。

──願望はなくはない、けどしないってこと?

渡辺:奥さんと浮気を天秤にかけて、しないかな。絶対にばれない状況下だとしても。

てるひこ:僕はしちゃうなぁ〜。

トモキヨ:でもバツ2には正直なりたくないよね。失敗するなんて思ってもいなかった。

てるひこ:自分もっす。見通しがあまかったなって気が付いたのも、結婚生活が終わりに近づいた時くらいだったな。


「あわよくば」という気持ちはあるけど、奥さんが大切だから浮気はしない。女性からすると、その「あわよくば」という気持ちですら、ちょっと嫌だなぁ。

■男の本音はついに最終ラウンドへ

今回の座談会では、結婚における男性の“ブラック”な部分が、ほんの少しだけ聞けました。想像より品行方正で、筆者としては安心したようなつまらなかったような……。

次回の最終回では、「結婚して良かったこと、悪かったこと」と「メリットとデメリットに感じること」を伺いました。まだまだ尽きない男たちの本音を乞うご期待!

(河島まりあ+どてらい堂)