メディア個別 普段の2人の写真を残す「エンゲージメントフォト」のススメ! | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
ちょっとだけ、羽目はずしたい夏。
普段の2人の写真を残す「エンゲージメントフォト」のススメ!

普段の2人の写真を残す「エンゲージメントフォト」のススメ!

婚約された幸せなお2人にオススメしたいのが「エンゲージメントフォト」。海外ではプロポーズを受けたら婚約者とエンゲージメントフォトを撮って周りの人に報告するのが一般的だそうですが、日本でも、今、婚約したカップルたちにじわじわと浸透中なんですよ。

■エンゲージメントフォトって?

プロポーズを受けてから結婚までの婚約期間に、ふたりで撮影する婚約記念の写真です。
撮影場所はおふたりのデートスポットや公園で、思い出の場所を選びます。
ウェディングドレスとタキシードでの結婚式の写真撮影とは異なり、いつものスタイルで飾らない日常の姿を撮影します。
エンゲージメントフォトで、二人のドラマチックな思い出の写真を撮ろう!/Brideal

Instagramでもエンゲージメントフォトを撮影されたカップルがたくさんいました〜! 早速チェックしてみましょう☆

パステルカラーの“HAPPY”バルーンがカワイイ☆ 見つめ合う2人の表情もステキですね〜。

白×黒のおソロ風コーデがオシャレ! とても絵になるエンゲージメントフォト♪

同じ学校出身なのでしょうか? 母校で婚約者と一緒に撮影なんて憧れますね!

お友達に撮ってもらったというエンゲージメントフォト。2人の笑顔から仲の良さが伝わってきます。

チェック柄シャツでおソロコーデ。色々な小物を使って撮影されていますね♪

ペーパーポンポンやガーランドなどの小物がさらに2人の雰囲気を盛り上げてくれています!

見ているだけで、幸せな気分になりますね〜。2人だけの大切な場所で、いつもの洋服を着て撮影するからこそ、2人のナチュラルな表情を写真に残すことができるんだそうですよ。

個性派の2人なら、あえて小道具や衣装を用意してアートな空間を作り上げ、モデルになりきるのもアリのようです。どちらのパターンでも、2人だけの世界に入り込めるから、さらに距離が近付きそう☆

エンゲージメントフォトは、フォトウエディングを撮影しているスタジオやエンゲージメントフォトを専門にしている写真家もいるので、ぜひチェックしてみましょう。他、プロの写真家だけでなく、仲良しのお友だちに撮影してもらうというカップルも多いみたいです。お2人の共通のお友だちがカメラマンだと、気兼ねなく撮影できて、楽しそうですね!

また、撮影した写真は結婚式の招待状やウェルカムボード、プロフィールムービーに使う方も多いそうですよ! エンゲージメントフォトを上手く活用して、2人にしかできないオリジナルの結婚式を作り上げましょう♪

(青山かもめ+ノオト)