メディア個別 実は低すぎると肌荒れの原因にも? 中性脂肪との上手な付き合い方 | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
鏡の前で、ひとりパリコレ。
実は低すぎると肌荒れの原因にも? 中性脂肪との上手な付き合い方

実は低すぎると肌荒れの原因にも? 中性脂肪との上手な付き合い方

健康診断などでも気になる中性脂肪の数値。ダイエットに励む女性には大敵のようなイメージがある一方、人体を動かすために欠かせないエネルギー源でもあります。つまり、数値が高すぎても低すぎても良くないものなのです。そもそも中性脂肪とは何なのか? 正常値をキープするにはどうしたらいいの? 気になる中性脂肪との付き合い方を、管理栄養士の柴田真希先生にお伺いしました!

■中性脂肪の正体とは?

――中性脂肪はどのようなものなのですか?

健康診断や人間ドッグなどで行われる血液検査で「脂質」の項目であげられるものです。

悪玉とも呼ばれる「LDLコレステロール」、善玉と呼ばれる「HDLコレステロール」、そして「中性脂肪」などがあります。体温調節に役立つほか、弾力性があってクッション役にもなるので、臓器の保護もしてくれます。正常値は、30~149mg/dLです(柴田先生)

■意外な落とし穴! 中性脂肪は低すぎても良くない?

――中性脂肪が高いと体に良くないと聞きますが、それはなぜですか?

中性脂肪は、皮下脂肪や内臓脂肪として蓄積され、肥満の原因となります。さらに、糖尿病や脂質異常症、動脈硬化などの生活習慣病を引き起こすことがあります。中性脂肪の数値が高い人は、注意が必要ですね。

――では、中性脂肪は低くするのが良いのですね?

そうとも言い切れません。野菜や海藻だけ、炭水化物を抜き、肉類は食べないなどの状態が続くと、体の中が栄養不足の状態となり、中性脂肪の値が低くなることが考えられます。過度なダイエットでなる人が多いのですが、食事からの脂質の摂取量が少ないと、脂溶性ビタミンであるビタミンAやEの吸収が悪くなりがちです。ビタミンAはお肌の調子を整え、ビタミンEは血行を良くする働きがあるため、肌荒れや化粧のノリが悪くなる原因となります。

ダイエットをしていないのに中性脂肪が低いこともありますが、これは肝機能疾患やバセドウ病などという、自己免疫疾患の可能性も考えられます。

また、中性脂肪は体のエネルギー源です。低すぎる場合は、常にエネルギー不足となり疲れやすくなります。体温を一定に保ち、内臓を守る働きもあるため、なんとなく元気がなくなったり、頭がぼーっとしたり、免疫直が落ちてしまったりすることも考えられます。

■中性脂肪との上手な付き合い方

――中性脂肪を基準値に抑えるためにはどうしたらよいですか?

中性脂肪が高い場合には、エネルギー(カロリー)オーバーになっていることが考えられますので、食べ過ぎを控えるのがよいでしょう。また、脂っこい食事や、糖分の多いお菓子やジュース、アルコールの摂りすぎも中性脂肪を高くしますので控えるようにしてください。青魚(アジ・イワシ・カツオ・サバ・サンマ・マグロなど)はEPAやDHAが豊富で中性脂肪を下げる効果が期待できます。加熱するより、生で食べるのが良いので新鮮なお刺身がおすすめです。

食事以外ではヨガやランニングなど適度な運動を。しっかり運動するのが難しい人はひと駅分歩いてみたり、エレベーターではなく階段を使ってみたりなど、生活の中でできる努力をしてみてはいかがでしょうか。

逆に、中性脂肪が低い場合はダイエットのために炭水化物や油を抜いたり、肉・魚を摂らず野菜や果物ばかり食べるなどの偏った食事を続けていることが原因です。

1日3食、バランスの良い食事を摂ることが大事です。イメージは定食や給食のように、ごはん、汁物、主食、副菜……と、様々な食事を摂れることが大事です。


●●ダイエットなど、様々なダイエット方法が注目される昨今ですが、必要な最低限の栄養素は摂らないと体に悪いもの。中性脂肪は、悪いものではなくて、体を動かすために必要な栄養素だったのですね。

バランスの良し食生活を心がけ、体の内も外もキレイに、健康に保ちましょう!

(岡野とら子+どてらい堂)