身体が喜ぶ♪ ヘンプ食品で健康美人を目指しませんか?

身体が喜ぶ♪ ヘンプ食品で健康美人を目指しませんか?

キレイは身体の中から!
ダイエットやスキンケアは、女子にとって永遠の課題。カロリーを気にして油を控えていたら、お肌のコンディションが悪化してしまった……なんて経験をした人もいるのでは?

最近、マクロビやローフードなどで注目を集めているのがヘンプ食品。ヘンプ(=麻)の実を食べる「ヘンプナッツ」や、実からとれた「ヘンプオイル」、麻の実をまるごと粉末にした「ヘンプパウダー」などがあります。このヘンプ、実は女性にとってすごく頼もしい味方なんですよ。

オーガニックとヘンプをテーマとした鎌倉のカフェ&バー「麻心 magokoro」のオーナー・SHINJIさんに、ヘンプ食品の魅力を伺ってきました。

■ヘンプのおすすめポイント

◯その1「必須脂肪酸とミネラルが豊富」

「お肌を健康に保つために欠かせない成分が、必須脂肪酸とガンマ・リノレン酸。これらは肌を保護し、水分の蒸発を防ぐ働きをしてくれます。麻の実には、オメガ3(アルファ・リノレン酸)とオメガ6(リノール酸)という必須脂肪酸がバランス良く含まれ、食品からの摂取が難しいというガンマ・リノレン酸を摂ることができるのです。また、ダイエット中に不足しがちなミネラル(銅・鉄・亜鉛・マグネシウム)も豊富なんですよ」

◯その2「食物繊維もたっぷり」

「お通じが乱れがちで悩んでいる方にも朗報♪ 不溶性食物繊維が腸の働きを助けてくれるんですよ。整腸作用のある漢方薬として、古くから使われてきた歴史もあります」

◯その3「良質な植物性タンパク質が摂れる」

「身体を作っている栄養素として、誰もが知るタンパク質。肉・魚・大豆を思い浮かべるかと思いますが、麻の実にも豊富に含まれています。動物性タンパク質より消化に良いのも魅力です」

その他にも、コレステロールやトランス脂肪酸が含まれない(!)など、うれしいポイントがたくさんあるヘンプ。食事に取り入れる人も増えてきているようですよ。
一人暮らしで食生活が乱れている筆者も身体に良いことを始めようと、ヘンプオイルとヘンプパウダーを入手してきました。SHINJIさんが、簡単レシピを伝授してくださったので、早速試してみます!

■ヘンプオイル

きれいな緑色で、ナッツのような風味がします。

●納豆+ヘンプオイル
普通の納豆ご飯に、ヘンプオイルをスプーン1杯たらしてみました。Twitterでも試している人がいましたが、本当に相性良いです。

加熱し過ぎるとせっかくの栄養素が壊れてしまうので、仕上げなどに“ちょいがけ”するのが使い方のポイントだそう。スープやお味噌汁にプラスしたり、パスタに絡めたりするのもおすすめ♪

■ヘンプパウダー

こちらはパウダー。見た目は抹茶のようにも見えますね。香りはやはりナッツ系です。

●ミルク+ヘンプパウダー
きなこ感覚で使えるということなので、牛乳に加えてみました。ヘンプパウダーだけでもほんのり甘くなります。好みで甘味をプラスしてみても良さそう。

●マヨネーズ+ヘンプパウダー
今度はマヨネーズにパウダーをイン。麻の実の風味とコクが加わって、簡単においしいディップができました! ケチャップでもOKだそうなので、そちらも試してみたいところ。

他にも、料理やお菓子の材料に気軽に混ぜて使えるとのこと。個人的には和菓子に合いそうだなという印象を受けました。

実際に使ってみると、意外と取り入れやすいヘンプ食品。色々試してみて、オリジナルのレシピを作ってみても楽しいと思いますよ♪

(古原悠+ノオト)

関連記事