ちょっとは休んだら!? Twitterで話題の「しかるねこ」に叱られたい

ちょっとは休んだら!? Twitterで話題の「しかるねこ」に叱られたい

誕生秘話も公開!
みなさんは「しかるねこ」というTwitterアカウントをご存知ですか?
働きすぎの私たちを叱ってくれたり……
お休みの日に、お昼までぐっすり寝てしまった私たちを叱ってくれたり……
運動不足の私たちを叱ってくれたり……。

心当たりがありすぎる、日常のあんなことやこんなこと。かわいい猫のイラストで叱ってくれる、しかるねこ(@shikaruneko)が今、Twitterで大人気! 作者・もじゃクッキーさん(@mojacookie)にしかるねこの魅力や誕生秘話をインタビューしました。

■しかるねこ誕生秘話

──美しい色鉛筆画や、かわいい動物のマンガなど、いろいろなジャンルの絵を描いているもじゃクッキーさん。そんな中で、「しかるねこ」が生まれたきっかけを教えてください。

「2017年9月、もじゃクッキーのアカウントで、『猫に叱られたい人のためのロック画面用イラスト』を公開しました。こちらの反響を受けて、『叱ってくれる猫』という題材で何か広げられないかと、試験的に始めたのが、しかるねこのアカウントでした」
こちらがその『猫に叱られたい人のためのロック画面用イラスト』。しかるねこに比べると、かなりリアルな猫のイラスト。

──リアルな猫ではなく、しかるねこのようなシンプルなイラストにした理由はありますか?

「『スマホ見過ぎ』の猫と違い、『しかるねこ』はある程度長期的にイラストを投稿しようと考えました。そのため、描きやすさと見た方の受け入れやすさのために、シンプルなタッチの白い猫にしました。表情はキツくて、言うことも鋭くて、でも真心のあるキャラクターを目指しています」

──しかるねこにモデルはいますか?

「特にいないです。強いて言うならば、以前飼っていた猫の体型に似ているかもしれません。デフォルメしながらも猫らしい体つきを意識しています。性格としては、猫という生き物はマイペースさが魅力だと思っているので、しかるねこは実際の猫のイメージとは対照的なキャラクターとなっているかな、と思います」
マイペースに居眠りなんかしていたら、叱られちゃいます(笑)。

■「またやってしまった!」がテーマに

──しかるねこのイラストはどんな風に描いているのでしょうか。

「アナログ線画を取り込み、デジタルで着彩しております。コピー用紙にシャープペンシルで描いたものがそのまま線画になっています」

──イラストのアイディアや構想はどのように生まれるのでしょうか。

「『どんな内容で叱ろう?』というより、『どんな内容で叱られよう?』という気持ちでネタ出しをしています。たぶん、必要なのは『叱られる側』の共感なので、自分の日常生活の中での『またやってしまった!』をテーマに、自分自身も毎日しかるねこに叱られています」
ごめんなさ〜い!! もう寝るから許して……。

■1カ月でフォロワー10万人!

──今までにどんな反響がありましたか?

「日々、ご覧になった方からたくさんのRTやいいねをいただき、『大好きです』『かわいい』『これからも叱ってください』など、うれしいメッセージもたくさん届きます。アカウント開設から丸1カ月と1日でフォロワー数は10万人に! また、私の住まいは関東なのですが、九州のテレビ番組の1コーナーでご紹介いただくなど、さまざまなメディアにも取り上げていただきました」
とっても美しい町並みの中に、あっ、しかるねこ発見!

──最後にALICEY読者へ一言メッセージをお願いいたします。

「貴重な時間を割き、お読みくださいましてありがとうございました。作者の裏話はさておき、日々の『しかるねこ』をぜひ楽しんでいただけたら幸いです」
ALICEY読者を叱ってくれるイラストは、今回のためにもじゃクッキーさんが描き下ろしてくれたもの! ついつい頼んじゃうフラペチーノも、はい、ほどほどにします……!!


厳しくて、鋭くて、だけど心温まるようなしかるねこのイラスト。日常のよくある「またやってしまった!」を、あなたもしかるねこに叱られてみませんか?

画像提供/しかるねこ

(伊東ししゃも+ノオト)

関連記事