メディア個別 スタバの店舗限定商品レモンゼストマキアートで新しいコーヒー体験を | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
忘れられないキス。
スタバの店舗限定商品レモンゼストマキアートで新しいコーヒー体験を
耳よりスタバ情報

スタバの店舗限定商品レモンゼストマキアートで新しいコーヒー体験を

スターバックスで1月24日から「レモンゼスト マキアート」という新商品が登場したのはご存知でしょうか? 実はこちら、スタバの専門テイスターが世界中から厳選した個性豊かなコーヒーであるスターバックス リザーブ®を扱う店舗の、かつ限られた9店舗でのみ提供される、とてもレアなドリンクです。

一体どんな商品なのでしょうか? それを確かめるべく、筆者は取り扱い店舗のひとつである東京ミッドタウン店に行ってきました。

新商品は、東京ミッドタウンの1階にあるスターバックスに入り、さらに店内奥の階段を上った先にあるカウンターで注文します。

■マキアート、ミルク、チョコの3点セット

こちらが「レモンゼスト マキアート」。マキアートのほか、スチームミルク、チョコレートの3点セットです。マキアート単体だけを飲むのではなく、これらとの組み合わせによってマキアートを楽しむという、なんとも贅沢な仕立てです。

メインのマキアートは、レモンゼスト(皮)とシナモンを3日間も漬け込んで風味を移した牛乳をスチームし、カラント(すぐり)やプラムのような風味を持つ「ホンジュラス ラ カンパ」の豆で抽出したエスプレッソショットを合わせたもの。

フルーティな酸味のあるエスプレッソが、まろやかなミルクと調和。ふわっと鼻に抜けるシナモンの官能的な香りにうっとりしつつ、レモンの酸味がきゅっと引き締めてくれます。

レモンゼストを漬け込んだミルクも一緒に提供されます。エスプレッソショットが入らない分、ミルクの甘みが際立ちます。こちらはチェイサー代わりにいただきましょう。

マキアートと比べながら飲むことで、エスプレッソショットがあるとないとで、どのような味の変化がもたらされているかがわかります。

さらにベトナム産のカカオを使用したチョコレートを合間につまんでみると、チョコレート単体で食べたときには感じ得ないフレーバーを感じることができます。これぞマリアージュの妙!


スターバックス リザーブ®の高品質なコーヒーに、さまざまなフレーバーを掛け合わせた「レモンゼスト マキアート」。それぞれ単体で味わったときにはわからない、素材同士を組み合わせることによって発揮される新たな魅力に出合えるドリンクでした。

価格は820円(税別)と、通常のスタバのメニューよりも少々値が張りますが、それ以上の価値に出合える一品です。3月26日までの販売なので、ぜひ試してみてくださいね。

取り扱い店舗は以下。
・スターバックスコーヒー池尻2丁目店
・スターバックスコーヒー玉川3丁目店
・スターバックスコーヒー奥沢2丁目店
・スターバックスコーヒー代沢5丁目店
・スターバックスコーヒー駒沢1丁目店
・スターバックスコーヒー新石川2丁目店
・スターバックスコーヒー初台1丁目店
・スターバックスコーヒー中山手通2丁目店
・スターバックスコーヒー東京ミッドタウン店

※販売状況は店舗により異なります。

(まにゃむ+どてらい堂)