メディア個別 玉ねぎヨーグルトって知ってる? 意外な野菜×ヨーグルトレシピ | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
ちょっとだけ、羽目はずしたい夏。
玉ねぎヨーグルトって知ってる? 意外な野菜×ヨーグルトレシピ

玉ねぎヨーグルトって知ってる? 意外な野菜×ヨーグルトレシピ

ヨーグルトと言えば、乳酸菌やカルシウムが豊富な上に、低カロリーなのでダイエットの味方にもなってくれる優秀な食品ですよね。そんなヨーグルトと意外な野菜を使ったちょっと変わったレシピが最近話題となっています。一体、どんな野菜を使ったレシピなんでしょう?

■玉ねぎ×ヨーグルト

「意外な野菜」は、なんと玉ねぎ! ヨーグルトと玉ねぎ、想像もつかないですが早速作ってみました。材料は、玉ねぎ1/2個と無糖ヨーグルト200g、塩小さじ1/2です。

まずは、玉ねぎをスライスし、そのまま30分ほど放置します。こうすることによって、玉ねぎの辛味成分を飛ばすことができます。水にさらして辛味成分を飛ばす方法もありますが、血液をサラサラにする効果を持つ硫化アリルという成分まで流れてしまうので、できればそのまま放置して。

玉ねぎとヨーグルトと塩をよく混ぜ合わせ、一晩冷蔵庫で寝かせれば完成です。

未知の料理ですが……、ん、この味どこかで……ピザ!?  じっくり味わってみると、玉ねぎとチーズ! に似ていることに気が付きました! 異色の組み合わせから、まさかの驚きの味……。辛みも多少残るので、サラダのような感覚かも。納豆をちょい足ししたり、コロッケのソース代わりにしたりする食べ方もできるみたい。1日50g程度、2〜3日で食べ切るペースがオススメです。

ちなみに、一晩寝かさずに食べてみたら、辛くてかなり食べにくかったので、気を付けてください。

■アボカド×飲むヨーグルト

ヨーグルトとの異色のコラボは、まだまだありました! 次は、アボカドと飲むヨーグルトを組み合わせたドリンクです。材料は、飲むヨーグルト100㏄とアボカド1/2個の2つだけ。

作り方も簡単。飲むヨーグルトとアボカドをミキサーで混ぜたら、完成です♪

できあがったドリンクがこちら。スムージーのような、重みがあります。恐る恐る飲んでみたら、意外といける! 森のバターと言われるだけあり、飲むヨーグルトがより濃厚に感じ、1杯でお腹いっぱいになりました。食べ過ぎた翌日に、1食分の置き換えなどにしても、満足感がありそうです。

■しそ×ヨーグルト

次は、しそ×ヨーグルト。材料は、ヨーグルト適量と、しそもお好みの枚数でどうぞ。

まずは、しそパウダーを作ります。しそを洗い、水分を拭き取りパリパリになるまで乾燥させます。今回は、3日程かけて自然乾燥させましたが、今すぐ完成させたい! という時は、オーブンで焼いてパリパリにさせる方法もあるみたいです。

この状態になったらOKです。パリパリになったしそをミルミキサーで粉々にします。

ミルミキサーがなければ、ビニール袋に入れて手で揉んで粉々にしてもOK。筆者は、すり鉢を使って粉々にしてみました。その時点で、すでにしその良い香りがいっぱい♪

できあがったしそパウダーを、ヨーグルトにふりかければ、できあがりです。残りのしそパウダーは、瓶に入れて保存してください。

よく混ぜながら召し上がれ~。たくさんのパウダーをかけたつもりでしたが、しその風味は意外にもほんのり。ヨーグルトの味とぶつかることはありませんでした。甘みが欲しくなった筆者は、しそと合うかなと思いつつ、はちみつを足しましたが、おいしくいただけました。しそってクセが強そうなイメージでしたが、意外に万能!

■大根×ヨーグルト

続いてのレシピは、大根×ヨーグルト。材料は、大根10cm程度とヨーグルト100gです。

大根の皮を剥き、大根おろしを作ります。

大根おろしを好みの水分量まで絞ります。筆者は、よ~く絞りました。

あとは、ヨーグルトと混ぜ合わせればできあがり。

はちみつをかけて、実食! 気になる味は……これも意外といける! 大根の辛味が思ったほどなく、はちみつが大根とヨーグルトの架け橋になっている感じでした。たまねぎヨーグルトほどの辛味はないけれど、トッピング無しで食べるには、少し癖がある味でした。はちみつのような甘いものから、佃煮やわかめなどもトッピングする人がいるみたい。トッピングは自由自在なので、いろいろな味を試してみて。

今まで見たことのないような組み合わせのレシピでしたね。でも、どれも想像以上においしかったですよ。気になる方は、ぜひ作ってみて!

(やまかわきよえ+ノオト)