本命デートで失敗したくない! 正しい洋食のテーブルマナーって?

本命デートで失敗したくない! 正しい洋食のテーブルマナーって?

あなたは大丈夫…?
今夜はおめかしして、ちょっと背伸びしたレストランでディナー♪ でも、食事のマナーがなっていなかったら、意中のあの人にがっかりされてしまいそう……。今回は、間違っていたら恥ずかしいテーブルマナーをご紹介します。

グラスについた口紅を無理にふきとろうとすると、材質によっては傷をつけてしまうことがあるので要注意。ふきとる場合はナプキンを使わず、指でさっとふきとります。事前にティッシュオフしたり、落ちにくい口紅をチョイスしたりするとスマートです。

食器に口紅がべったりついてしまうのはNG! 食事前にティッシュオフするのを忘れずに。

いちばん大切なのは音を立てないこと。食中、食後にかかわらず、スプーンは器の中でも皿の手前に置いてもOK。

スープをズズズッと音を立てて飲むのはマナー違反! スプーンですくったら、吸い込むのではなく、パクっと食べるようにいただきましょう。

ナイフでライスをフォークの背に乗せて食べるのは、イギリス式のマナーですので、間違いではありません。また、フランス式ではフォークの腹に乗せて食べますから、どちらでも食べやすい方で召し上がってください。
ただし、フォークを左手から右手に持ち変えるのはスマートではないので、お勧めできません

子どものころ、ライスをフォークの背に乗せて食べると習った人もいるかもしれませんが、慣れていないとぼろぼろとこぼすことも……。ライスはフォークの腹に乗せて食べる方が自然に食べられます。

デートで張り切って豪華なレストランを予約してもらったりすると、行くだけでテンションが上がったり、緊張したりしてしまうもの。そんな時こそひと呼吸して落ち着き、正しいテーブルマナーを心がけましょう!

(阿部綾奈/ノオト)

関連記事