【セルフネイル】〇〇を重ねるだけ!ほっこり「ニット柄ネイル」テク

【セルフネイル】〇〇を重ねるだけ!ほっこり「ニット柄ネイル」テク

すっかり冬の定番デザインになった「ニット柄ネイル」。ぷっくりとした立体感をセルフで出す場合、3Dパウダーや片栗粉を混ぜる方法をとることが多いのですが、...

すっかり冬の定番デザインになった「ニット柄ネイル」。ぷっくりとした立体感をセルフで出す場合、3Dパウダーや片栗粉を混ぜる方法をとることが多いのですが、この方法は混ぜるのが意外と難しく、難易度が高め。そこで今回は、シンプルなポリッシュに比べて粘度の高いラメネイルを活用して作る、簡単ニット柄ネイルテクをご紹介します♪

用意するもの

ポリッシュ:マットグレー、ラメホワイト、ネイビー
パーツ: 雪の結晶シール、丸スタッズ(シルバー)
道具:ドットペン、ドライヤー

ニット柄ネイルのやり方

1. ベースとして、マットグレーを2度塗りする。
2. ラメホワイトでニット柄を描く。ドットペンを使い、表面張力を利用して描いていくと、ポテッと立体的な模様に。

3. 2をもう一度繰り返し、よく乾いてから、マットグレーでラメホワイトを隠すようにニット柄を重ねて描く。

●立体的にした部分は乾かすのに時間がかかるので、ドライヤーの冷風などを利用するのがおすすめ。
●立体感がなくなるので、トップコートは塗らずに仕上げましょう。

ニット柄ネイルでない指は、100均などでも売っている、雪の結晶シールなどを活用して統一感を出すと◎♪ これまでうまくできないなぁと思っていた方、ぜひこの方法でトライしてみてくださいね!

●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

関連記事