メディア個別 上手なお餅の焼き方と簡単おいしい焼き餅レシピ | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
いつもより、ちょっとだけ遠くへ。
上手なお餅の焼き方と簡単おいしい焼き餅レシピ

上手なお餅の焼き方と簡単おいしい焼き餅レシピ

 

新年にはきれいに焼けたお餅が食べたい!

あけましておめでとうございます。

新年を迎え、今日はお餅を召し上がる方も多いことと思います。おめでたい席でいただくお餅ですから、膨らみすぎて潰れてしまったり、焦げすぎてしまったりしていては、ちょっと残念ですよね。

今回は、お家にあるいろいろな調理器具ごとに、上手なお餅の焼き方と簡単おいしい焼き餅レシピをご紹介します!

 

オーブントースターで失敗知らず!

焼き餅と言えば、オーブントースターで焼くのが定番。オーブントースターに餅を入れて、3~4分ほど焼き、焼き上がり後はすぐに取り出さずに1分ほど蒸しましょう。

焼き始めて2~3分ほど経過すると、表面がぷくぷくと動き始めます。こうなると一気に膨らむので、あまり膨らませたくない場合は、表面が動き始めたら加熱をやめて、そのまま蒸すと破れて中身が出てきてしまうのを防げます。

 

フライパンでも焼けるんです!

ちょっと聞き慣れないとは思いますが、フライパンで焼くのもおすすめです。

テフロン加工のフライパンに餅を入れ、5~7分ほどかけて両面を返しながらじっくり焼きます。蓋をするのも◎。オーブントースターと比べると少し時間がかかりますが、一度にたくさん焼けるのがメリットです。

 

フライパン用ホイルやクッキングシートを活用!

お使いのフライパンがテフロン加工のものではない場合は、お餅がくっつきやすいのでフライパン用ホイルシートやクッキングシートを入れて焼きましょう。この一手間をすることで、お餅をきれいに焼けるので安心です。

 

あらかじめ油や醤油を塗ってもOK!

お餅を焼く時に、あらかじめ油や醤油を少量塗るのも◎。香ばしい風味と焼き色がつきますよ。あくまでも風味付けなので、ハケやスプーンの背でサッと塗る程度にしてください。

 

焼き網は専用のものが安心

焼き網でお餅を焼く時は、できるだけ目を離さずこまめに焼け具合を見るのが安心です。

また、焼き網はお餅専用のもの(またはお餅も焼けるもの)を使いましょう。お餅を普通の焼き網にそのまま乗せて直火で焼くと、餅が真っ黒に焦げてしまうので、直火で焼く時は専用の焼き網を使用してください。

 

焼き餅で作る簡単レシピ

ここからは、焼き餅で作る簡単レシピをご紹介します。冬休みの朝ごはんやおやつにぴったりですよ♪

 

納豆おろし餅

焼き餅に納豆や大根おろしを合わせた簡単レシピ。納豆や大根おろしは胃腸にやさしい食品なので、年末年始でお疲れモードの胃腸にも食べやすいですよ。焼き上がった餅をサッと湯にくぐらせることで、納豆とからみやすくなります。

●詳しいレシピはこちら
『納豆おろし餅』

 

チーズ入り磯辺餅

焼き餅にスライスチーズと焼き海苔を巻き、砂糖と醤油で作るタレを絡めています。食べたい時に簡単に作れて、スライスチーズを海苔と一緒に巻くことでお子様にも食べやすくなりますよ♪ 冬休みのおやつにおすすめです。

●詳しいレシピはこちら
『チーズ入り磯辺餅』



いかがでしたか? 餅の焼き方と焼き餅レシピをご紹介しました。

焼いたお餅は、外はカリッと中はとろ~り食感でとってもおいしいですよね。ぜひ、お正月の味として焼き餅を楽しんでくださいね。



●こちらの記事もチェックしてみてくださいね。
思い立ったらすぐできる☆お餅のおもしろレシピまとめ
あまったお餅が大変身!切り餅とお米でつくる「おこわ風」レシピ


 

この記事のライター
 
管理栄養士 若子 みな美
https://oceans-nadia.com/user/21965