メディア個別 時間がない朝もこれで満足!とろ〜り卵のごちそうトーストまとめ | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
いつもより、ちょっとだけ遠くへ。
時間がない朝もこれで満足!とろ〜り卵のごちそうトーストまとめ

時間がない朝もこれで満足!とろ〜り卵のごちそうトーストまとめ

 

シンプルだけど間違いない美味しさ!基本の卵トースト

いつもお家にあるものだけで簡単に作れる、ベーシックな卵のっけトースト。食パンの真ん中を少し押してくぼませ、マヨネーズでふちを囲んで土手を作ります。そこに卵を入れ、トースターへ。最初に3分焼いてから、アルミホイルをかぶせてさらに焼くことで、卵にしっかり火が通りますよ。パセリと黒コショウでアクセントをつけたら完成!

●詳しいレシピはこちら
『とろ〜り卵のっけトースト』

 

カレー風味が食欲をそそる、キャベツたっぷりトースト

これひとつで卵も野菜も摂取できる、朝ごはんにぴったりのトースト。マヨネーズとカレー粉を混ぜて食パンに塗り、その上に千切りにしたキャベツをのせます。キャベツの真ん中をくぼませたところに卵をのせたら、あとはトースターで焼くだけ。シャキッとしたキャベツに半熟卵を絡ませて食べると絶品! 卵は常温に戻しておくと、火が通りやすくなります。

●詳しいレシピはこちら
『キャベツと卵のカレーマヨトースト』

 

チーズの香りで贅沢に♡パルミジャーノ風味の卵トースト

ベーコンエッグの上にパルミジャーノをたっぷりかけていただく、ちょっと贅沢なトースト。食パンにベーコンをのせ、マヨネーズで土手を作って卵を割り入れます。すりおろしたパルミジャーノを全体にふりかけてトースターでこんがり焼いたら、仕上げに黒コショウを。トロッと柔らかい卵の黄身と、パルミジャーノのコクが絶妙にマッチしたごちそうトーストです。

●詳しいレシピはこちら
『パルミジャーノたっぷりの目玉焼きトースト』

 

まるで鳥の巣みたい!ふんわりサラダの巣ごもりトースト

パンにのせたサラダがまるで鳥の巣のような、見た目にも可愛らしいトースト。食パンにスライスチーズ、とろろ昆布、マヨネーズとサラダをのせて、中央に卵を落としてトーストします。焼き加減は卵の固まり具合を見ながら、お好みで。昆布の旨みとチーズのコクで、豊かな味わいに仕上がります。サラダに使う野菜は土手を作りやすいよう、ベビーリーフなどの柔らかいものを選ぶか、細かく刻んで使うのがオススメ。

●詳しいレシピはこちら
『とろろ昆布入り巣ごもりチーズトースト』

 

オシャレな見た目でおもてなしにも。シーザーサラダのトースト

厚めの食パンをくりぬいて器のようにサラダを盛り付けた、見た目も華やかなトースト。食パンにチーズをのせて焼いた上に、サラダと温泉卵を盛り付けます。くり抜いた部分は小さく角切りにしてベーコンと一緒にトースターで焼き、サラダの上にトッピング。シーザードレッシングをかけたら出来上がりです。とろ~りとした卵とカリカリのクルトンの組み合わせがたまりません♡

●詳しいレシピはこちら
『シーザーサラダ盛りチーズトースト!朝ベジ』

 

しっかり味とボリュームで大満足!ザーサイそぼろのトースト

粗みじんにしたザーサイをフライパンで炒め、ひき肉を加えて炒め合わせます。仕上げに酒を加えて水気を飛ばしたらそぼろは完成! 食パンにスライスチーズをのせてトーストし、ザーサイそぼろと目玉焼きをのせたら、ボリューム満点トーストの出来上がりです。サラダに和えたりごはんに混ぜたりと万能に使える「ザーサイそぼろ」は、冷凍保存も可能。

●詳しいレシピはこちら
『ザーサイそぼろのオープンサンド』

 

ほくほくポテトと明太子が合う♡ポテサラのせトースト

しっかり食べたい朝にオススメの「ポテサラのせトースト」は、市販のポテサラを使った簡単レシピ! 食パンの上に明太ポテトサラダをのせ、真ん中をくぼませて土手を作ります。そこに生卵を入れ、ピザ用チーズを散らして焼くだけ。仕上げにパセリと黒コショウをふりかけて、ピリッと味を引き締めましょう。

●詳しいレシピはこちら
『明太ポテトとチーズの巣ごもりオープンサンド』



寒くてなかなか動けない朝でも、朝ごはんをきちんと食べれば頭も体もしっかり働いてくれますよ! 「卵のせトースト」なら作るのも食べるのも簡単な上、使うお皿も1枚で済むので、忙しい朝にこそぜひお試しあれ。



●こちらの記事もチェックしてみてくださいね。
野菜ひとつでできる!シンプルおしゃれなベジタブルトースト
朝ごはんの時間が楽しみになる♪もこもこが可愛い「ウェーブトースト」が今話題!
マンネリの朝ごはんにサヨナラ!美味しくアレンジ10分トースト