メディア個別 彼がいなくたってへっちゃら! いもむし女子流・ひとりクリスマスの楽しみ方 | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
いつもより、ちょっとだけ遠くへ。
彼がいなくたってへっちゃら! いもむし女子流・ひとりクリスマスの楽しみ方

彼がいなくたってへっちゃら! いもむし女子流・ひとりクリスマスの楽しみ方

目前に迫ったクリスマス。

あ〜あ、彼氏がいる人はいいなぁ、なんてぼやいてしまう女子も多いのではないでしょうか。相手がいたとしても、仕事で会えない、なんてこともよくありますよね。

一緒に過ごす友だちも彼氏もいない、上京したてのころに「せめてケンタッキーでも」と向かった先で見た長蛇の列が、筆者は忘れられません。クリスマスイヴのケンタッキーって予約の人だけですごい列になっていて、いかにも優しそうなお父さんが並んでいるんです。切なすぎて、コンビニのチキンを買って帰りました……。

それはさておき。

今年のクリスマス、どう過ごす?

シングル女子30名に聞いてみました。

■友人や家族と過ごす

「クリスマスは彼氏ナシ仲間で集まって宅飲み。『明石家サンタ』を見ながら笑って過ごすのが恒例(笑)。でも時々彼氏ができて抜け駆けする子がいます」(30歳・販売)

「オタク女子で集まってオフ会。気兼ねしないし、それぞれ推し(好みのキャラ)が違うから、ケンカになることもありません。オタトークしながらアニメを見るのが最高♪」(29歳・事務)

「実家で過ごすのが恒例。だけど、お兄ちゃんも結婚しちゃったし、そろそろ私も結婚をせっつかれるのかも。今年は『彼氏と過ごす』ってウソついちゃおうかな」(26歳・医療事務)

家族や親しい友人と集まって過ごすのは、賑やかで楽しそう! まさに王道のクリスマスという感じがしますね。

では、一緒に過ごす家族や友だちがいない人はどういう楽しみ方をしているのでしょうか。

■スポーツ系イベントは穴場

「今はバレーボールにドはまりしているから、試合があったらそっち優先かな。この間彼氏と別れちゃったし(涙)、1人で行っても変じゃないから楽しめる!」(27歳・教員)

「Bリーグ(プロバスケットボールリーグ)を見に行きます。クリスマスイベントがあるし、試合前の本格チアがカッコイイ!」(33歳・事務)

スポーツ観戦は1人で行く人も珍しくないそう。むしろ、カップルはわざわざクリスマスに来ないことが多いのだとか。初参戦には最適の日かも?

■趣味の音楽を楽しむ

「クリスマスのライブハウスは比較的空いています! 大きいところは違うかもしれないけど、小さめのハコなら最前列を狙えるし、アーティストも普段より気合いの入った格好や演出をしてくれることがあるからお得感があります。多分彼氏いてもそっち行く(笑)」(31歳・営業)

「やっぱりクリスマスっぽい音楽聞きに行くとか? クラシックはクリスマス価格で高めになっているけれど、ジャズ喫茶なら敷居高くないからぜひ行ってみてください。自分は多分演奏している側です(笑)」(32歳・音楽家)

クリスマス音楽を堪能するのも素敵! もしかしたら、そこで新たな出会いがあるかもしれませんね♪ クリスマスの夜にジャズ喫茶で恋が始まる、なんて映画みたいで憧れちゃう。

■あえて仕事でバリバリ働く

「接客業だから、クリスマスは稼ぎ時。休めないし、人は多いしで疲れるけど、浮かれている人が多いから普段より売れる気がする♪」(29歳・携帯販売)

「仕事が終わったら、好きな香りの入浴剤を入れてマッサージしながらゆっくりお風呂に入るのが楽しみです。スマホをジップロックに入れて、あえてラジオを流す。番組内容がクリスマスムードになっているから、それだけでクリスマスは充分!」(35歳・販売)

「クリスマス当日に遅くまで残っている同僚はみんなシングルなので(笑)仕事帰りにみんなでご飯に行きます! 仕事仲間と愚痴などを言いながら過ごす、普段と変わらない日常のようなクリスマスも楽しかったです」(23歳・販売)

世の中が楽しいクリスマスを過ごす影には、こうやって働いてくれている人がいるんですよね! そんなあなたはサンタさん以上に感謝されるべき存在です(笑)。仕事が終わったらゆっくり過ごすもよし、同僚と早めの忘年会するもよしですね。

■おひとりさまが気楽♪

「普段は、思った日に予約が取れない脱毛サロンですが、クリスマス当日は、すんなり予約が取れました。彼氏がいる人は、クリスマス前に済ませてしまうんでしょうね〜。おかげで、自分へのクリスマスプレゼントの感覚で、サロンに行くことができたので満足♪」(25歳・編集)

「ひとりで買い物に行ってコートを購入。お正月のセールは混雑が予想されるのであまり行かないのですが、実はクリスマスからかなりのオフ率で購入できるお店が多いので狙い目です!」(28歳・ライター)

「好きなカフェのクリスマスケーキをワンホール予約して、自宅で一人占めして食べるのが毎年の楽しみです! 普段じゃ絶対やらないけれど、クリスマスなのでダイエットは忘れて、贅沢に一気食いします(笑)」(26歳・事務)

「歴史好きなので、神社やお城巡りをします! 普段の休日よりも空いている気がしますよ。今年は、小田原城に行って、伊豆半島や相模湾を見下ろしながら、クリスマスを過ごす予定です」(26歳・営業)

もちろん、ここにあげたのは過ごし方のごく一部。これ以外にも自分だけのクリスマスの楽しみ方がきっとあるはず。オススメの過ごし方があれば、ぜひ、「 #いもむし女子 」「 #ひとりクリスマス 」のハッシュタグを付けて、教えてくださいね!

(佐藤春華+ノオト)

written by

佐藤春華
佐藤春華
心がときめくカワイイものを追いかけ続ける90年生まれのアラサーライター。ちびっ子向けの雑誌や書籍構成やPOPで面白いものを伝えるweb媒体などで活動中。好奇心旺盛で幼女力が高め。女子力を分けてくれる魔法使いがどこかにいるんじゃないかと本気で思っているほう。基本的にズボラなので「ラクチン&カンタンで見栄えするもの」を常に探してます。
この記事へのご意見はこちら