メディア個別 働く女子にオススメなのは? 2018年の人気手帳をチェック | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
警告、恋愛マンガ中毒!
働く女子にオススメなのは? 2018年の人気手帳をチェック

働く女子にオススメなのは? 2018年の人気手帳をチェック

みなさん、もう2018年の手帳は買いましたか? せっかくなら気分が上がる手帳で1年を過ごしたいですよね♪ 今回はロフト広報の中川真理子さんに、20代女子向けの人気の手帳を聞いてきました!

■2018年のオススメ手帳は?

こちらは11月末に発売された「TASU+TECHO(タステチョウ)」(1,800円・税抜)。ロフト限定発売のリングノートタイプのマンスリーダイアリーです。

特徴は、マンスリー部分のページが取り外し可能で、好きな部分に差し込んで使える点! メモしたいことが増えた時に、自由に使えて便利なのだとか。また両面に色違いの同じ月が配置されていて、オンとオフのスケジュールを使い分けできます。全5色展開。


ポップなデザインの2017年11月始まり「ジブン手帳mini(B6スリム 週間バーチカル ピンク×グレー)」は2,600円(税抜)。人気の手帳「ジブン手帳」に今年はB6スリムサイズのminiが新登場しました。

コンパクトで持ち運びやすく、働く女子にオススメの仕様だそうですよ。読みたい(読んだ)本や観たい(観た)映画を記せる「本リスト&映画リスト」や、「2018年の夢」など、一年を楽しく便利に効率良く使うためのスケジュール以外のコンテンツも充実。ダイアリーのノウハウが詰まった24時間バーチカルスケジュールで、仕事もプライベートも1冊でしっかり管理できます。


2018年1月始まりの「カレンダー手帳(月間 スザンナ A5)」は1,950円(税抜)。文具ソムリエールの菅未里さんが監修した卓上カレンダー型のマンスリーダイアリーです。カレンダーとしても手帳としても使えるんですよ。

リングを簡単に開けることができ、A5・20穴のルーズリーフなら、差し込んでノートを増やすことも可能です。書く時にはリングが手に当たらないような設計なのもポイント。表紙は気分が華やぐリバティプリントの生地を使用しています!

■ロングセラーの人気商品は?

こちらは2017年11月始まりの「20代のうちにやりたいこと手帳2018」、1,500円(税抜)。自分の人生を旅にたとえ、夢に向かって自分をプロデュースするために、目標ややりたいこと、会いたい人など、リストにして書き込める仕様になっています。毎月コラムも掲載。「夢をかなえたい!」と考えている人にオススメです。


2018年1月始まり「ほぼ日手帳 オリジナル さよならペンギン そらをとぶ」は4,400円(税抜)。文章を糸井重里さん、絵を湯村輝彦さんが手がけた絵本「さよならペンギン」が、ほぼ日手帳カバーになっています。かわいらしいデザインで、毎日手帳を使うのが楽しくなりますよ。1日1ページタイプで日記のように使うのもおすすめです。

■機能に注目したい! こんな手帳も

2018年1月始まりの「モーメントプランナー(週間ホリゾンタル A5)」は2,200円(税抜)。細かなスケジュール管理に役立つ週間ダイアリーです。皮革のような高級感のある表紙には、金で「2018」の数字がワンポイントとしてあしらわれていてスタイリッシュ!

この手帳は、年、月、週を同時に見られるのが特徴で、月と週のスケジュールを行ったり来たりせずに俯瞰して確認できます。ビジネス手帳として使うのがオススメ。


2017年12月始まりの「仕事計画 カスタムスティックダイアリー(A5変形)」は1,500円(税抜)。今年新登場した、細長いスティック型の手帳です。スマートフォンの縦の長さと同じくらいの横幅で、ジャケットやカバンのポケットにかさばらずに入れられます。またデスクの狭い場所でも省スペースで予定が確認できます。小さいですが、横軸のガントチャートタイプの月間スケジュールと見開き週間タイプのスケジュールで、機能もばっちりです。カラーはピンク・ブルー・ホワイトのパステルカラーの他、メタリックカバーもあります。

■どんな風に使いたいかを思い描いて!

最後に、手帳を選ぶ時のポイントについて、中川さんにコメントをいただきました。

「手帳の好みは人によって全然違うので、どう使いたいかを明確にすると選びやすくなります。

『スケジュール管理をしっかりやりたい』という人は、見開きに週のスケジュールが入っているものを選んでみて。1日の予定が多い方は時間で管理できるバーチカルが良いでしょう。

『自分を高めたい、目標に向かって計画したい』という人は、コンテンツ型と呼ばれる『書くことを指定してくれている』レイアウトのものがオススメです。読み物ページがある手帳は楽しく使えますよ。

『かわいい手帳が使いたい』という人は、デザイン重視で好きなカバーを選ぶと◎。マンスリーダイアリーはカバーデザインが豊富です。

『形式にとらわれずに自由に使いたい』という人は、1日1ページタイプの手帳や、ノートをカスタマイズできるものだと、好みの使い方ができますよ。

今は手持ちの手帳を自分好みにできるアクセサリー(ペンホルダーやシール、ふせんなど)も充実しているので、使いたいと思う手帳を探しに、手帳売り場を覗いてみてくださいね」


あなた好みの手帳はありましたか? 自分のタイプやニーズに合った手帳で、楽しく2018年のスケジュール管理を始めましょう♪

画像提供/渋谷ロフト

(伊東ししゃも+ノオト)