メディア個別 白と金? 青と黒? 人によって違う色に見える不思議なドレスが話題に | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
ちょっとだけ、羽目はずしたい夏。
白と金? 青と黒? 人によって違う色に見える不思議なドレスが話題に

白と金? 青と黒? 人によって違う色に見える不思議なドレスが話題に

画像共有サービス「タンブラー」に投稿された魔法のようなドレスの画像がWeb上で話題になっています。人によってまったく違う色に見えるという、とても不思議なものなんだとか。

ネットユーザーが投稿したドレスの写真が世界中で議論になっている。2月25日、画像共有サービス「タンブラー」にswikedさんという女性が、次のようなコメントともに写真をアップした。

「みんな、お願いだから教えて欲しい。このドレスの色は『白と金』、それとも『青と黒』?私と友人は全く意見が合わなくて、大パニックになっちゃった」
「白と金」それとも「青と黒」? ドレスの色が人によって違って見える(画像)/ハフィントンポスト

“白と金”なのか、それとも“青と黒”なのか意見が真っ二つに分かれているそうです。あなたにはどちらの色に見えますか?

Twitter上でも意見が大きく割れているようです。人によって違う色に見えるなんてびっくりですね!

それにしても、どうしてこんなことが起きてしまったんでしょうか。早速ブログで解説している人も……。

「ディスプレイが違うから」といった説明も見受けられますが、同じディスプレイを見て意見が割れている方もいることから、影響はあるにしても主要因ではなさそうです。
なぜドレスの色の錯覚はおきたか?-色の恒常性-/Sideswipe
人間は周囲の状況が変わっても同じものは同じ色で見えるように脳内で補正を掛けています(色の恒常性)。
しかし写真やイラストでは環境光がよくわからないことがあり、脳が間違って補正をかけてしまうことがあります。
なぜドレスの色の錯覚はおきたか?-色の恒常性-/Sideswipe

簡単に言うと原因は、”人間はそれぞれ脳内で見える色を調節しているから”。そうした方が周囲の光の変化に対応しやすく、物を見やすくなるそうです。同じ一つの世界で生きていても、みんなにそれぞれの色の世界があるのかもしれませんね。

普段は気にならないことですが、今回のドレスの画像は強い光が当たっているせいで、目の錯覚のようになってしまったよう。

ちなみに、今回のドレスを製作した「Roman Originals」という会社によると、本当は“青と黒”のドレスだったそうです。

同じドレスでも、違う画像だと“青と黒”にしか見えませんよね。不思議なことってあるんだなー。

(マッハ・キショ松+ノオト)

written by

マッハ・ キショ松
マッハ・ キショ松
気がついたらとんでもない名前になってしまい、親に仕事を教えられないWebライター。さえない顔のせいで、小学生の頃から「予備校生っぽい。受験勉強そっちのけで、珍しい虫とか調べてるでしょ」と言われ続けています。ちゃんと自己紹介しても「囲碁が得意」「ほっけの塩焼きが好物」「学校でフォークダンスを踊ったことがない」と勘違いされてしまうのが残念。本当は、将棋とおくらが好きです。
この記事へのご意見はこちら