メディア個別 第2のデビルサンド!? 「エルビスサンド」が味もカロリーもハイレベル | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
警告、恋愛マンガ中毒!
第2のデビルサンド!? 「エルビスサンド」が味もカロリーもハイレベル
バズグルメ

第2のデビルサンド!? 「エルビスサンド」が味もカロリーもハイレベル

みなさんはデビルサンドを覚えていますか? 以前ALICEYでもご紹介した、ゆで卵とタルタルソースがたっぷり詰まったサンドイッチのこと。見た目のインパクトとカロリーの高さから「デビル」の名が付いた世にも恐ろしい食べ物です……。

実はそんなデビルサンドを超える、いろいろな意味でハイレベルなサンドイッチがあります。

その名も「エルビスサンド」。ミュージシャンのエルヴィス・プレスリーの大好物だったんだとか。さっそく筆者も作ってみました♪

■エルビスサンドを作ってみた

材料は食パン2枚、バナナ1本、ベーコン2〜4枚ほど、ピーナツバター適量。お好みでバター、はちみつも用意します。食パンは、筆者は6枚切りのものを使いました!

食パン(2枚とも)に、ピーナツバターを塗ります。筆者は粗挽きのピーナッツが入ったピーナッツバターを使用しましたが、そうでないものでももちろんOK。

斜めにカットしたバナナをフライパンで両面焼き、パンの上に乗せます。加熱することでバナナがちょっぴり黒くなりましたが、その分甘くなっているそうですよ。お好みではちみつをかけるとおいしいそうなので、筆者もかけてみました。この時点でカロリーが怖い……。

だけどまだ乗せます! 今度は焼いたベーコンを2〜4枚ほど。うわぁ……すごい見た目。カリカリに焼いたベーコンのおいしそうな匂いが食欲を刺激します。

最初にピーナッツバターを塗ったもう1枚のパンで挟み、フライパンで焼きます。油でも良いですが、バターのほうがおいしいみたい。なお、エルヴィス・プレスリーは豚の油脂を使っていたそうですよ。両面きつね色になるまで焼いたらできあがり。

甘くとろけたバナナとたっぷりのベーコン、はみ出したピーナッツバター。カリカリのパンからはバターの良い香りもします。

断面アップで。これはハイカロリーな予感……。

味は、全体的にとても甘いです!! とろとろになったバナナの甘みと、ピーナッツバターの甘み。さらにはちみつの甘みがプラスされて、これはかなり甘い……。だけどそこでベーコンのしょっぱさが後からじわりと混ざりあって、クセになるおいしさ。バナナとベーコンって合うんですね! 意外な組み合わせ。

パンがとってもサクサクで、甘じょっぱさとの相性も抜群。粒入りのピーナッツバターを使ったので、ピーナッツの香ばしさや食感も良いアクセントになっています。

おいしい……けれど、とにかく甘いので、筆者は半分でギブアップ(笑)。甘さ控えめにするならバナナを焼かない、はちみつをかけない、ベーコンを多めにする、など、工夫できることはありそう。ちなみに本場アメリカではこの倍くらいのボリュームのエルビスサンドがお店の定番商品なんだとか。さすがアメリカ。


いろいろな意味で本当にハイレベルなエルビスサンド。特に甘党の人には一度作ってみて欲しいおいしさでした。休日のブランチにエルビスサンド、いかがですか?

(伊東ししゃも+ノオト)