メディア個別 コンビニで手に入る材料で! 夜の我慢レシピ | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
警告、恋愛マンガ中毒!
コンビニで手に入る材料で! 夜の我慢レシピ
ひとり暮らし女子の台所レシピ

コンビニで手に入る材料で! 夜の我慢レシピ

帰宅が夜遅くになってしまった日、困るのが夕飯の献立。スーパーはもう開いていないし、寝る前にあまり高カロリーなものは食べたくない……。そこで、コンビニで手に入る材料で簡単に作れて、なおかつヘルシーな「夜の我慢レシピ」を、料理研究家の加瀬まなみさんに教えていただきました!

■料理研究家・加瀬まなみさん

スペイン料理を中心に料理研究家として活動中。著書は「フライパンひとつで作る絶品パエリア」、「5分でできた!シリーズ」、「2stepレシピお米で作る楽しいごはん」など。忙しい日々の中でも、おいしく簡単に作れるレシピを提案し、若い女性を中心に支持を集めています。

■ピリ辛! ツナ麻婆

豆腐を主役にしたレシピ。ツナの旨みと麻婆豆腐風の味付けが、満足度の高い一品です!

[材料]
(A)
ツナ      1缶
豆腐      300g
(B)
しょうゆ    大さじ1
砂糖      大さじ1/2
生姜チューブ  小さじ1/2
ラー油     小さじ1/2
小ネギ     適宜

ツナは汁気を切って耐熱ボウルに入れ、そこへ(B)の食材を加えて混ぜます。辛みが苦手な方はラー油を減らし、代わりにごま油で風味付けしてください。

豆腐は軽く汁気を切り、手でちぎって加えます。

「加熱するなかで豆腐は崩れていくので、大きめでOKです」と加瀬さん。

先ほど調味料と和えたツナを豆腐の上に乗せ、ふんわりとラップをかけて電子レンジで加熱(500wで4分、600wで3分20秒)します。

全体をひと混ぜし、小ネギをちらします。「えっ! これで終わり?」と驚きの手軽さです。しっかりと味の付いたツナが豆腐と好相性! これ1品だけでもお腹いっぱいになれそう。

加瀬さんからワンポイントアドバイス
加瀬さんからワンポイントアドバイス

「軽量する時は、最初に砂糖から計量しましょう。洗い物が減らせますよ。また、ラー油を計量した後に、生姜チューブをスプーンに乗せると、するっと落ちてくれます」。

面倒臭がりさんとって、洗い物を少しでも減らすことは重要事項! こういった地味なポイントも大切ですね。

■さっぱりヘルシー もやしとサラダチキンのねぎポン

ヘルシーさと手軽な価格がありがたい「サラダチキン」を使ったレシピ。これも、ひと手間をかけることで、立派なおかずになってしまうんです!

[材料]
(A)
もやし      1袋
サラダチキン   1袋
(B)
小ネギ(小口)  15g
ポン酢      大さじ2
ごま油      大さじ1
すりごま     大さじ1

ラップをふんわりとかけて、もやしをレンジにかけます。もちろん、鍋で茹でても大丈夫です。

サラダチキンを食べやすい大きさにカットします。

もやしをお皿の上に敷き、その上にスライスしたサラダチキンをのせます。「サラダチキンは少し斜めに盛り付けるときれいに見えますよ~」と加瀬さん。

(B)の調味料を混ぜ合わせます。ここでも、「ツナ麻婆」同様、すりごまから計量すると、1本のスプーンですべての計量を済ませることができます!

できあがったタレををサラダチキンにまわしかけ、お好みでラー油をかけます。

仕上げに小ねぎを散らして完成です。

これも火を使わず、あっという間に完成してしまいました。ポン酢とごまベースのタレがサラダチキンによく絡み、さっぱりといただけます。

加瀬さんのワンポイントアドバイス
加瀬さんのワンポイントアドバイス

「レンジでは500wで30秒ほど。茹でる際も1分弱が目安ですが、もやしの加熱時間は、写真のように、もやしがくねっと曲がるくらいのやわらかさがちょうどいいかと思いますよ。自分の好きな固さで作ってくださいね」

■味が染み込む! さば大根

さばの味噌煮に大根を組み合わせた一品。サバの旨みをしっかりと吸った大根がたまらない味わいです。

[材料]
大根         200g
サバ味噌煮缶     200g
ショウガ       適宜
ごま油        大さじ1

大根は5mm幅のイチョウ切りにし、ふんわりとラップをかけて電子レンジで加熱(500wで3分20秒・600wで3分)します。

フライパンにごま油を加えて熱し、中火で大根の表面に写真のくらい焼き色を付けて裏返します。こんがりとしたキツネ色がおいしそう!

フライパンにサバ味噌缶を汁ごと加え、中火で7~8分、蓋をして煮込みます。旨みのつまった汁が、しっかりと大根に染み込んでいきます……

お皿に盛り、ショウガの千切りをのせて完成です。ごはんだけでなく、さばの旨みがビールのお供にもぴったりです♪

加瀬さんのワンポイントアドバイス
加瀬さんのワンポイントアドバイス

「今回は、温かい状態で食べましたが、作り置き用にしても美味しいんですよ! 冷ましてタッパーに入れて冷蔵庫で保存。翌日に加熱してみるとびっくりするくらい味が染みています。加熱→冷ますを繰り返すと、味が深く染み込みます」

■いざ、実食!

どれも所用時間は1品10分もかからないくらい。これなら、お腹ペコペコでもすぐに料理にありつけるというので嬉しい限りです。

ごはんのおかずとしても、おつまみとしてもぴったりな品々です。どれもコンビニで手に入る材料ばかりなので、みなさんもぜひ作ってみてくださいね。

(まにゃむ+どてらい堂)