お財布が苦しい時の強い味方! 豚こま肉で簡単フルコースを作ろう!

お財布が苦しい時の強い味方! 豚こま肉で簡単フルコースを作ろう!

安くて、うまい!
お給料日前はお財布がカツカツになりがちで食事にお金をかけたくないですよね。そんな時は安くて使い道が豊富な救世主「豚こま肉」を使って洋食フルコースを作るレシピをご紹介します。懐がさみしい時も豪華で栄養満点なフルコースを作ることができますよ。これは必見!

■超カンタンで写真映えも◎ 「豚こま肉とズッキーニのサラダ」

材料】
・豚こま肉    3〜4枚
・レタス     3/4玉
・ズッキーニ   1/2本
・春巻きの皮   0.5枚

①ズッキーニをオリーブオイルで焼きます。(後のメニューで使うのでズッキーニは半分は使わずに残しておきましょう)
②豚こま肉を炒めます。
③春巻きの皮はトースターで焼いておきましょう。レンジのトースター機能でもOK!
④レタスをお好みの大きさに切ってお皿に盛りつければ完成です。
レタスとオリーブオイルで炒めたズッキーニが相性バッチリ。パリパリの春巻きの皮が病みつきになる一品です。濃い緑が入って見た目もGOOD!

■超カンタンなのにおしゃれ 「豚こま肉とアスパラのチーズ春巻き」

【材料】
・豚こま肉    2〜3枚
・アスパラ    1本
・粉チーズ    少々
・春巻きの皮   1枚    
・塩胡椒     少々
①アスパラは下2cmの硬い部分を切り落とし、ピーラーで皮をむきます。
②ピーラーで皮を剥いたアスパラをお皿に入れ水を足し、レンジで温めておきます。
③豚こま肉を平らにし、レンジで温めたアスパラと粉チーズを巻きましょう。
④豚こま肉でアスパラとチーズが巻けたら、さらに春巻きの皮を巻いていきます。
⑤フライパンで中火でじっくり焼いてカットすれば完成です。
アスパラとチーズの豚こま肉は焼き鳥屋などでも見かける超定番メニューですが、あえて春巻きの皮を巻くことでパリッとした食感が楽しめます。中からとろけるチーズがたまりません。お酒のおつまみにもピッタリ!

■常備食で簡単に作れちゃうかも!? 「豚こま肉のミネストローネ風」

【材料】
・豚こま肉      1〜2枚
・玉ねぎ       1/3個
・人参        1/4本 
・じゃがいも     1/3個
・トマトの水煮缶   盛り付ける器の半分くらい
・コンソメ      固形コンソメ1個
・料理酒       大さじ1
・塩胡椒       少々
①豚こま肉、玉ねぎ、人参、じゃがいもをお好みの大きさにカットします。
②盛り付ける器の半分の量のトマトの水煮缶を取り出します。
③盛り付ける器の3/4程度の水と豚こま肉、玉ねぎ、人参、じゃがいも、コンソメを鍋に入れて煮ます。
④煮立ってきたら料理酒を鍋に入れます。
⑤5分ほど煮たら完成です。
ミネストローネと言えばベーコンを入れるのが定番ですが、豚こま肉で代用してもOK。豚こま肉の油が出ておいしく仕上がります。野菜も沢山入っているので栄養満点。

■ミルフィーユみたいに何層にも重ねるだけ! 「豚こま肉とズッキーのラザニア風」

【材料】
・豚こま肉    3〜4枚
・ズッキーニ   3/4本
・チーズ     少々
・春巻きの皮   1枚
・ケッチャップ  大さじ3 
・ソース     大さじ3
・塩胡椒     少々

①ズッキーニは「豚こま肉とズッキーニのサラダ」であらかじめ炒めておいたズッキーニを使います。
②炒めたズッキーニ、ケチャップ、ソースを混ぜ合わせます。
③春巻きの皮はお好みの大きさにカットしましょう。
④豚こま肉は広げておきます。
⑤②ズッキーニ、ケッチャップ、ソース→④豚こま肉を何層にも重ね合わせてその上にチーズをふりかけ、トースターで焼いたら完成です。
超簡単なのに手が込んでいるように見える一品です。炒めたズッキーニとチーズがよく合います。お好みでパセリをかけてもOK。

お給料日前でお財布がカツカツでも工夫次第で洋食のフルコースが作れてしまうんです。豚こま肉は使い道がたくさんあるので大活躍すること間違いなし。ちょっとアレンジするだけで、見た目も豪華なご飯になるのがいいですね。

(沼田聡佳+どてらい堂)

関連記事