メディア個別 これが究極のモテカレー! 男子10人の胃袋をつかみに行ってきた | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
いつもより、ちょっとだけ遠くへ。
これが究極のモテカレー! 男子10人の胃袋をつかみに行ってきた

これが究極のモテカレー! 男子10人の胃袋をつかみに行ってきた

前回、男性50人に実施したアンケートにより判明した、男子の胃袋を鷲掴みできるカレーの条件。後編の今回は、それを元にした“究極のモテカレー”を作り、男性10人に食べてもらうことに。

今回、さまざまな年齢、経歴、職業の男性が数多くいる場所、ということで白羽の矢を立てたのは超大型シェアハウス「ソーシャルレジデンス蒲田」。普段から住人同士の交流も盛んに行われているこちらなら、本音をざっくばらんに聞けるはず……!

究極のモテカレーを料理嫌いの筆者が作ります!

カレーの材料を買い込んで、“究極のモテカレー”作りを開始。

そもそも……。男性50人の声を踏襲した究極モテカレーとは?
そもそも……。男性50人の声を踏襲した究極モテカレーとは?

アンケートによって判明した“究極のモテカレー”の条件は、

・肉は“鶏”
・辛さは“中辛”
・スパイスは“弱め”
・野菜はゴロゴロ“大きめ”

という4つの条件。それに加え、「肉は多めが良い」(19歳/学生)という声が多数、ルウはジャワカレーとバーモントカレーという意見もあったので、それを取り入れようと思います。

カレーを作るのは、料理嫌いの筆者。とはいえ、締め切りに追われていない限りはほぼ毎日料理をしているので、下手ではないはず。必ず男子10人から「うますぎる!」の評価を取ってみせる!!

完成したカレーがこちら!
完成したカレーがこちら!

どうですか? なかなかおいしそうじゃないですか? ごはんによく絡む、程よいルーのとろみ、ゴロゴロと食べ応えのある具材、そして食欲をそそる香り! データに基づいた究極のカレーです! これなら男性諸君を唸らせられるはず。自信満々です!

■いざ実食タイム! 男性10人の評価は?

カレーを試食してくれるのは、シェアハウス「ソーシャルレジデンス蒲田」にお住まいの20〜40代までの独身男性10人。

「皆さん、気は使わずに、本心で評価してくれていいですからね」(筆者)

カレーに自信があるゆえ、余裕綽々でカレーを配ります。

今回目指しているのは“究極のモテカレー”ということで、評価は以下から。

「うますぎて結婚したい!」「フツー」「イマイチ」の3つです。皆さん「うますぎて結婚したい!」を挙げるはずなので、「フツー」「イマイチ」は持ってこなくても良かったかな? では、皆さんに感想を聞いていきましょう。

いっちーさん(フリーランス/41歳)
いっちーさん(フリーランス/41歳)

「甘いカレーが好きなので、もうちょい甘めだとうれしいけど……。どんな料理でも笑顔で作ってくれるなら、ウエルカム! むしろまずくカレーを作れる女子がいたら、逆に興奮しますね」

カレーの味で評価されていないのと、なぜ「まだまだ」札を上げているのかが気になるところ。でも幸先の良いスタート!

まさとさん(自営業/37歳)
まさとさん(自営業/37歳)

「辛さも、肉や野菜の大きさも良かったです。でも、カレーは自分でも作れるから、肉じゃがやハンバーグ、シチューなどを作ってくれた方がポイントは高いかな」

今回の調査結果が見事にハマった例! 評判上々です! でも自分でカレーが作れるなら、シチューも作れると思いますよ。

ヤマモトさん(自営業/37歳)
ヤマモトさん(自営業/37歳)

「カレーはおいしいけど、『うますぎて結婚』ってほどではないかな。おいしいカレーが作れる女子は良いと思います。でも作ってもらうなら豚汁、餃子がいいなぁ」

ここへきて冷静な意見が……。“結婚”って書かなければ、「うまい」の評価がもらえたのかしら?

ゆうさん(プログラマー/25歳)
ゆうさん(プログラマー/25歳)

「具の固さは良かったけど、辛さが少し物足りなかった。おいしいカレーが作れる女性は家庭的な印象。結婚するなら料理ができる女子が良いですね」

まあ、こういう意見も出ますよね。わきにそっと一味でも置いとけば良かったかも?

植木屋ケンさん(植木屋/40歳)
植木屋ケンさん(植木屋/40歳)

「実はインドカレーにハマりすぎていたことがあるため、もう日本の家庭のカレーでは満足できない! でもおいしいカレーが作れると良い奥さんになれそうだよね。あと、子どもに好かれそう」

外国人に今回の調査をしたら、また別の究極のカレーができていたかも!? インドカレーの勉強もします!

■全勝どころか過半数も行かず……

10人中4人が「うますぎて結婚したい!」を選んでくれましたが、半分以上の6人が「フツー」という結果に。

男性50人の好みの平均を取ったゆえに、個性のない、ごくごく普通のカレーになってしまったことが敗因なのかも。また、カレーが好きすぎるゆえに並々ならぬこだわりを持っている人もいるんですね。よほどまずくない限り喜んでもらえる、というのはちょっと短絡的でした。反省……。

「でも、次は絶対にオール『うますぎて結婚したい!』判定をゲットしてやる」
涙を拭きながら片付けを行い、リベンジを心に誓う筆者。

次回はもっと尖ったカレーや、別の料理で男子の心をわしづかみにいこうと思います!

(河島まりあ+どてらい堂)