メディア個別 オシャレで入りやすい! 「ネオ大衆酒場」って知ってる!? | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
いつもより、ちょっとだけ遠くへ。
オシャレで入りやすい! 「ネオ大衆酒場」って知ってる!?

オシャレで入りやすい! 「ネオ大衆酒場」って知ってる!?

11月も気づけば半分が終了。12月の忘年会シーズンも近づいて、会社の同僚や友人との飲み会の機会も増えてくる季節ですね。 みんなで飲むのは楽しいけれど、自分の行きつけの店をひとつくらいは見つけてみたいという女子も多いのではないでしょうか。そこで今回、注目したいのが「ネオ大衆酒場」です。

気どらず安価にお酒が飲める庶民的な雰囲気を持ちつつ、ちょっとオシャレな内観で、若い女性でも入りやすいと人気を集めています。さらに、料理もユニークで独創的なものを出している店が多いよう。

従来の大衆酒場のようなコテコテの昭和テイストな店は入りにくいけれど、オシャレすぎるお店も緊張する……というあなたに、今回は、インスタグラムでもよく写真が出てくる、人気の「ネオ大衆酒場」4軒をご紹介します。

■大衆ビストロ 煮ジル(五反田、学芸大学、吉祥寺)

ビストロ風の煮込み料理が自慢のお店。木を多用したオシャレな空間ながらも、レトロな黒板イラストがかわいらしく和みますね。若い女性を中心に人気を集めているお店です。

豪快な赤身肉が食欲をそそる! 男性の目線を気にすることなく肉にかぶりつくことができる雰囲気もネオ大衆にはあります。ぜひワインも忘れずに。

豚バラ肉のビール煮込み。煮込み料理がテーマのお店なだけあり、やわらかく煮込まれたお肉がとってもジューシー! ぜひ注文したい一品です。

肉以外のメニューも充実。こちらのサラダは鶏のマリネとキノコなのだそうです。みんなとシェアしながらいただきたいですね♪


■大衆ビストロ 煮ジル 五反田店
住所   :東京都品川区西五反田2-18-3
電話番号 :03-6417-0336
営業時間 :【月~金】
       18:00~26:00(L.O.25:00)
      【土】
       17:00~26:00(L.O.25:00)
      【日・祝】
       17:00~23:00 (L.O.22:00)
定休日   :火
※五反田のほか、学芸大学、吉祥寺にも店舗あり

■大衆酒場 酒呑気まるこ(渋谷)

次は渋谷の「大衆酒場 酒呑気まるこ」。外観は、いかにも昭和な大衆酒場ですが、思い切って扉を開けてみると……

明るく清潔感のある店内に、連日多くのお客さんでにぎわう人気店。店内のコの字型カウンターで、友達とわいわい飲むのも楽しそう。また、立ち飲みスペースもあり、さっと一杯飲んで帰りたいときにも便利です。

新鮮なお刺身をはじめ、冷やしトマトにポテサラなどなど、お酒に合うつまみが充実しています。

1品はおよそ400~600円とリーズナブルなのも嬉しいポイントです。

鮮やかなピンクが目を引くバイスサワーも人気です。赤紫蘇の風味が爽やかで後味すっきり。女性にも飲みやすいお酒ですよ!

壁一面に貼られた短冊メニューが大衆酒場感! 気取らない雰囲気がいいですね。

■大衆酒場 酒呑気まるこ
住所   :東京都渋谷区道玄坂1-18-4 和田ビル102
電話番号 :03-3475-6055
営業時間 :13:00~24:00(L.O. 23:30)
定休日  :無休

■東京ミート酒場(浅草橋、新宿御苑、石神井公園、武蔵小山、吉祥寺ほか)

こちらの「東京ミート酒場」は、大衆酒場の気軽さで本格的なイタリアンが楽しめるというコンセプトのお店。ちょうちんのぶら下がる店構えはいかにも大衆酒場ですが……

料理はイタリアンをベースとした おつまみが充実!  「イタリアンだけれどワインだけではなく、親しみがあるビールやハイボールをぐいぐい飲みながら楽しんでほしい」というコンセプトがユニークなお店です。

そして、このお店の目玉メニューは「日本一おいしいミートソース」。一見、ミートソースが見えませんが、麺の下には……

ごろごろとしたひき肉が入ったミートソースが潜んでいます! 「まずは麺だけ食べて、小麦の風味を感じてほしい」というのが、この仕立ての意図だそう。自家製の麺はもちもちとした食感で、小麦本来の旨みが楽しめます。麺を味わったら、ミートソースと絡めて堪能しましょう♪


■東京ミート酒場 浅草橋総本店
電話番号 :03-6858-2059
住所   :東京都台東区浅草橋1-19-2 DB浅草橋ビル1階・2階
営業時間 :【月~木】
       11:30~24:00(L.O23:00)
      【金・土・祝前日】
       11:30~24:00(L.O23:30)
      【日・祝】
       11:30~23:00(L.O22:30)
定休日  :無休
※浅草橋のほか、新宿御苑、石神井公園、武蔵小山、吉祥寺、大山、高田馬場にも店舗あり

■とろわる(江古田)

最後は江古田の「とろわる」。こちらは、黒を基調としたガラス張りの外観で、大衆酒場とは思えないオシャレな店舗。地元住民を中心に、連日にぎわいを見せています。

カウンターやテーブル席が配置された店内には、スタイリッシュな外観とは裏腹に、革張りのスツールなど、レトロなアイテムが散りばめられ、ほっと安心できる空間になっています。

旬の素材を使ったおつまみが豊富にそろいます。お刺身の盛り合わせは、ぜひ日本酒とともにいただきたいですね♪

■とろわる
住所   :東京都練馬区栄町26-1
電話番号 :03-6914-5983
営業時間 :【火~土】
       17:00~翌1:00
      【日】
       17:00~24:00
定休日  :不定休


さて、「ネオ大衆酒場」いかがでしたでしょうか? 料理、店構えと、それぞれのお店ごとに個性が光っていましたね。行きつけのお店を作りたい女子は、ぜひネオ大衆酒場を体験してみてはいかが?

(まにゃむ+どてらい堂)

※各店舗の情報は2017年11月のものです。実際に来店する時は、店舗に直接確認をお願いいたします。