メディア個別 根強い人気!シンガポールチキンライスをお家で作ってみよう! | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
忘れられないキス。
根強い人気!シンガポールチキンライスをお家で作ってみよう!

根強い人気!シンガポールチキンライスをお家で作ってみよう!

 

シンガポールチキンライスってなに?

シンガポールチキンライスとは、タイ語でカオマンガイとも言われます。東南アジアでは、屋台などでも手軽に食べることができる現地の定番料理なので、食べたことがある方も多いと思います。

エスニック料理店に行くと、ハイナンチキンライス、海南鶏飯、カオマンガイなどと記載されていますが、ほぼ同じ料理です。作り方は多々ありますが、茹でた鶏肉のスープで米を炒め煮にして鶏肉とともに盛り付ければ完成です。鶏肉のうま味がご飯にしっかり染み込んで、とってもおいしいですよ。

 

シンガポールチキンライスはお家でも作れる!

シンガポールチキンライスをお家で作るとなると、鶏肉を茹でて、そのスープで米を炒め煮にして…と手間がかかるかと思いきや、そんなことありません!
炊飯器、フライパン、電子レンジを使えばとっても簡単につくれますよ。調理方法別にレシピをご紹介します。

 

基本の炊飯器調理!

炊飯器に、米、下味の調味料、長ねぎ、鶏もも肉を入れて通常通り炊きます。これでほぼできあがり。炊飯器で作る時は、ご飯を炊いている間にタレを作るのが◎。ご飯はやや薄味にしておき、タレをかけて食べるのがおすすめです。

 

炊飯器調理のメリット・デメリット

メリット…炊飯器におまかせで楽ちん、炊飯中にタレを作れる
デメリット…鶏肉が加熱されすぎてしまうことも

 

炊飯器deカオマンガイ〜やみつきダレ添え〜

炊飯器で作るシンガポールチキンライスは、初めて作る方におすすめの作り方です。ご飯は中華風顆粒だしで炊き、タレにはオイスターソースやナンプラーを使っています。簡単にお家でエスニック気分が楽しめますよ。

くわしいレシピはこちら
●『炊飯器deカオマンガイ〜やみつきダレ添え〜』

 

フライパンで時短&鶏肉やわらか!

フライパンを使えば15分ほどで作れます。フライパンの時短メリットを活かすため、米にしっかり味をつけて炊き、タレがなくても食べられるようにするのがおすすめです。また、フライパンで作れば短時間で作ることができ、鶏肉を加熱しすぎることばないので、お肉がやわらかく仕上がります。ただ、米に芯が残りやすいという点も。

 

フライパン調理のメリットデメリット

メリット…約15分で作れる、鶏肉が加熱されすぎないのでやわらかジューシーな仕上がり
デメリット…米に芯が残りやすい

 

フライパンde時短カオマンガイ

フライパンに米、中華風顆粒だし、オイスターソースなどを入れて、鶏もも肉や長ねぎを乗せて炊きましょう。炊きあがり後にナンプラーをかけて風味アップ!お好みでパクチーなどをたっぷり添えてもおいしいですよ。

くわしいレシピはこちら
●『フライパンde時短カオマンガイ』

 

レンジがあれば白飯もシンガポールチキンライスに!

通常通りご飯を炊いてしまった時や、冷凍ご飯でもシンガポールチキンライスは作れますよ。鶏もも肉を酒や生姜などとともにレンチンし、そこから出た肉汁をご飯に混ぜます。これでご飯に鶏肉のうま味がつきます! 残ったタレも肉汁を使えばとってもおいしいタレになります。ナンプラーやオイスターソースがなくてもエスニックの味が作れます。

 

電子レンジ調理のメリットデメリット

メリット…いつもの白いご飯や冷凍ご飯もカオマンガイになる
デメリット…ご飯に味が染み込みにくいことも

 

レンジde肉汁たっぷりカオマンガイ

鶏もも肉を長ねぎなどと一緒にレンチンし、肉汁をご飯とタレに利用しています。レンチンした長ねぎをタレに利用することで、食材が無駄なく使えますよ。オイスターソースやナンプラーはなくても作れて、便利です。

くわしいレシピはこちら
●『レンジde肉汁たっぷりカオマンガイ』

 

エスニックの定番料理は意外と簡単に作れる!

いかがでしたか?エスニック料理の定番にあがるシンガポールチキンライスをご紹介しました。鶏肉のうま味がご飯に染みてとってもおいしいですよ。お家で簡単に作れるので、ぜひ、一度作ってみてくださいね。

 

まだまだあります!「エスニック料理」記事
●『これなら男子も大歓迎!がっつきエスニックレシピ』
●『【ナンプラーを普段使いに!】炒め物や麺、スープに大活躍のナンプラー七変化♪』
●『夏に作りたい!異国を感じるエスニックサンドイッチ8選』』

 

この記事のライター
 
管理栄養士 若子 みな美
https://oceans-nadia.com/user/21965