新感覚!ねっとり里芋クリームを作ってみよう

新感覚!ねっとり里芋クリームを作ってみよう

秋から冬にむけて旬を迎える里芋。イモ類の中でもカロリーが低く、食物繊維が豊富! 和の食材のイメージですが、今回はヘルシーなクリームにアレンジして、いろいろなお料理に活用してみました♪

 

もっちりねっとり食感!「里芋クリーム」を作ってみよう

じゃがいもをつぶして牛乳などでのばした「ポテトクリーム」はよく耳にしますが、今回はじゃがいもではなく里芋を使って「里芋クリーム」を作ります。加熱した里芋をつぶして、牛乳、塩、バターなどを混ぜます。里芋独特のねっとり感が、マッシュポテトとは違った滑らかさとクリーミーさが加わり、ホワイトソースやマヨネーズの替りとしても使えます。冷凍もできるので、たくさん作ってストックもいいですね!

 

基本の『里芋クリーム』の作り方

【材料(作りやすい分量)】

里芋・・・250g
塩・・・小さじ1/4
オリーブ油又はバター・・・5g
牛乳・・・50ml

【作り方】

1、里芋をきれいに洗い、ラップをして電子レンジ600Wで3~5分程加熱します。里芋の大きさによって火の通り具合が変わるので、加熱時間は調節してくださいね。

2、粗熱がとれたら、皮を剥きます。手でするっと剥けますよ!

3、2をボウルに入れ、泡だて器でマッシュします。

4、3に塩とオリーブ油またはバターを入れ、混ぜ合わせます。5、4に牛乳を数回に分けて入れ、さらに混ぜます。

塩を入れると、粘り気がでます。また油を入れると滑らかになり、牛乳を入れることでクリーミーな仕上がりになります。

5、さらに滑らかに仕上げたい場合は、ザルを使って濾します。すこし粗めのザルがおすすめですよ。

里芋クリームをザルに入れて、泡だて器で混ぜます。

これで里芋クリームの完成です! ザルで濾すことで粒もなくなり、滑らかな感じがしますよね。食べるとより滑らかさを感じますよ。

●詳しいレシピはこちら
『アレンジいろいろ!里芋クリーム』

油は、アレンジする料理によってバターとオリーブ油を使い分け下さい。牛乳の量も調節して、お好みの固さにしてください!

冷凍保存も可能なので、たくさん作ってストックしておいてもいいですね。ラップに薄く広げて凍らせれば、必要な分だけパキパキ折って使えます。使うときは自然解凍して使ってくださいね。

 

アレンジ自在!里芋クリーム活用4選

里芋クリームをたっぷり作ったら、色々な料理に活用してみましょう! 野菜なのに、濃厚でもっちり食感やねっとり食感が加わります。スープにもおかずにも幅広く使えますよ♪ 

 

牛乳でのばすだけ!簡単ポタージュ

里芋クリーム、塩、顆粒コンソメに牛乳を混ぜるだけ。淡白な里芋クリームなので、コンソメで味をつけるとしまります。パセリや黒胡椒等を仕上げにふってもいいですね。時間のない朝にもおすすめしたい食べ応え満点のスープです。

【材料(1人分)】

A 里芋クリーム 100g
A 顆粒コンソメ 小さじ1/4
A 塩 小さじ1/4
牛乳 200ml
パセリ・乾 適量

●詳しいレシピはこちら
『簡単混ぜるだけ!里芋のポタージュ』

 

トーストに塗って!朝から絶品ピザトースト

里芋クリームにカレー粉、マヨネーズ、塩コショウで味付けをします。きのこ、玉ねぎ、ピザ用チーズをのせてトースターで加熱するだけ。野菜をたっぷり味わえるカレートースト。これならお子さんも喜んでくれること間違いなし!

【材料(1人分)】

A 里芋クリーム 30g
A マヨネーズ 大さじ1
A カレー粉 小さじ1/4
A 塩コショウ 適量
まいたけ 20g程
たまねぎ 1/4個程
ピザ用チーズ ひとつかみ
食パン 1枚

●詳しいレシピはこちら
『ピザソースも野菜で!カレー風味のきのこトースト』

 

とろっとクリーミー!簡単ヘルシーなクリームコロッケ

手間と時間がかかり、難易度の高いクリームコロッケですが、この里芋クリームを使えば簡単にできます! ツナ缶、玉ねぎ、ピザ用チーズを混ぜ込んでうまみもUP。揚げたてのあつあつコロッケからとろ~り濃厚な里芋クリームがでてきて絶品です!

●詳しいレシピはこちら
『まるでクリームコロッケ~野菜で作って手間なしヘルシー仕上げ』

 

もっちり塩チョコムース

里芋クリームはなんとスイーツにも使えます! 湯煎したチョコレートと混ぜて冷やすだけでもっちりムースの出来上がり。仕上げに岩塩をかけて甘じょっぱさを楽しんでくださいね。ヘルシーなチョコスイーツで罪悪感なく食べられますよ。

【材料2人分】

里芋クリーム 100g
チョコレート 100g
岩塩 適量
ナッツ類(お好みで) 適量

●詳しいレシピはこちら
『もっちり塩チョコムース』

 

里芋は冷蔵庫で保存しないこと!

里芋の保存は、風通しのよい冷暗所で。あたたかい場所を好む野菜なので、冷蔵庫に入れると低温障害を起こし、早くに傷んでしまいます。

また、里芋についている土はなるべくそのままで。乾燥しないように新聞紙に包んで保存してくださいね。傷などがあると傷みやすかったり、カビがはえることもあるので、早く使いきるようにしましょう。

もっちりねっとり食感が美味しい里芋クリーム。使い出したらその美味しさにやみつき! ぜひいろんなお料理にアレンジしてくださいね。



●こちらもチェックしてみてくださいね。
ほっこりおいしい秋の味覚♪ いもの中で一番ヘルシーな里いもの栄養と調理法
秋のご当地レシピ とろける里芋がおいしい 芋煮を作ろう!
もっちりねっとり食感!秋の味覚で作る「根菜マッシュ」がおすすめ!



 

この記事のライター
 
料理研究家/野菜ソムリエpro 安部 加代子
https://oceans-nadia.com/user/11957

関連記事