10月25日は「世界パスタデー」!5つの定番パスタをおさらいしよう♡

10月25日は「世界パスタデー」!5つの定番パスタをおさらいしよう♡

10月25日は「世界パスタデー」ってご存知でしたか? 1995年にローマで開催された「第1回世界パスタ会議」を由来とする、パスタの記念日。そんな日にちなんで、今回は、みんな大好き定番パスタのレシピを集めました! パスタ屋さんの味をおうちで再現しちゃいましょう♡

 

シンプルだけど美味しい♡ 懐かし味のナポリタン

しっかり濃いめの味付けがたまらない、昔懐かしい味わいのナポリタン。具材を食べやすいサイズの細切りにして炒め、調味料を加えて味付けします。茹でたスパゲッティーとゆで汁を加え、さっと絡めたら完成。

牛乳を加えることで酸味が抑えられ、まろやかな仕上がりに。隠し味のオイスターソースが、いつものケチャップをより美味しく変身させてくれますよ。

くわしいレシピはこちら
●『ガツンと食べたい!濃厚ナポリタン』

 

生クリーム不使用、ローマ風のカルボナーラ

カルボナーラの起源とも言われる、ローマ風のレシピ。フライパンでベーコンをカリカリに炒めて取り出し、白ワインとパスタの茹で汁を入れます。ボウルに卵、チーズ、ペッパーを入れて混ぜ、ベーコンを加えてソースを準備。

フライパンに茹でたパスタ、ソースを加えて混ぜたら出来上がりです。
ソースを入れたら火からおろし、手早くかき混ぜるのがダマにならないコツ。

くわしいレシピはこちら
●『元祖 ローマ風カルボナーラ』

 

フライパンひとつで!簡単ボンゴレビアンコ

アサリの風味が美味しいボンゴレビアンコを、フライパンだけで簡単に作るレシピ。洗い物も少なくて済むので、アウトドア料理にもオススメです。タネを除いた鷹の爪とニンニクを炒め、水を加えて沸騰したらパスタを茹でます。

2分経ったらパスタをほぐし、アサリとワインを入れ、塩で味を整えましょう。表記されている茹で時間より1分長めに茹でるのがポイント!

くわしいレシピはこちら
●『ワンポットパスタ☆ボンゴレビアンコ』

 

みんな大好きなトマト味♡簡単ボロネーゼ

こちらもフライパンひとつで作る、簡単ボロネーゼのレシピです。フライパンでニンニクを炒め、みじん切りにしたタマネギを加えてさらに炒めます。合挽き肉を加えて火が通ったら水とトマト缶を入れ、沸騰したらパスタを加えて茹でましょう。茹で時間は、表記されている時間プラス1分。

塩コショウで味を整え、お好みでチーズをかけてどうぞ。ボリュームたっぷりトマトソースでお腹いっぱいに♡

くわしいレシピはこちら
●『ワンポットパスタ☆ボロネーゼ』

 

隠し味の醤油が決め手!ピリッと美味しいアラビアータ

唐辛子とニンニクのピリ辛風味が食欲をそそる、ペンネアラビアータ。ペンネを茹で、ザルにあけてオイルを絡めておきます。鍋で唐辛子とニンニクをじっくり炒め、タマネギがしんなりするまで炒めます。トマト缶と調味料を入れてよく混ぜたら、茹でたペンネを加えましょう。

味付けのポイントは隠し味の醤油! ほんの少し加えるだけで、味をしっかり決めてくれます。

くわしいレシピはこちら
●『アラビアータ』



懐かしのナポリタンや、女性に人気のカルボナーラなど、基本を押さえた5種類のパスタ。簡単だけど、本格的にパスタを楽しめるレシピばかりです♡ 「世界パスタデー」を迎えるこの機会に、おうちごはんのレパートリーに加えてみては?

 

ほかにもあります「パスタ」記事!
●『茹でたパスタに和えるだけ!まぜまぜパスタまとめ』
●『パスタの種類とおいしくするソースの選び方<ショートパスタ編>』
●『手間なく豪華に♡フライパン一つで作れる、パリ流「のっけパスタ」のすすめ』



関連記事