童顔でも演出できる!? 大人の色気ってどうすれば作れるの?

童顔でも演出できる!? 大人の色気ってどうすれば作れるの?

エロと色気の違いって何!?
同性から見ても、思わず「色っぽいなぁ」と感じてしまう女子、あなたの周りにも一人くらいいるのでは? そんな人を見ていると「生まれ持った才能だな……」なんて思ってしまいますよね。

でも、私だって年相応に色気を纏いたい! そろそろ「かわいい」よりも「色っぽい」と思われたい‼ ということで、恋愛アドバイザーの絵音さんに、大人の色気についてインタビューしてきました。
これまでに2000回以上の合コンに参加し、日本合コン協会の会長としてさまざまな男女の意見を聞いてきた絵音さんが考える「色気」とは一体……!?

■童顔、幼児体型でも色気は作れる!

──そもそも「色気」と一口に言っても、どういうものなのかイマイチわかりません……。絵音さんが考える「大人の色気」とはなんですか?

「自然と相手の興味を引きつける雰囲気のことです。『この子のことがなんとなく気になる』と思う男性自身も、それがなぜなのか明確にはわかっていないんですよ。『あの子は色っぽいよね』と話していても『あの子は、ここがこうだから色っぽいよね』と話すことはあまりないですよね。言葉じゃ簡単に表現できない雰囲気が色気だと思います」

──童顔や幼児体型、どこか垢抜けない……など、ルックスに悩む女子でも、色気のある雰囲気を作り出すことはできますか?

「もちろん可能だと思います! 例えば、タレントの紗栄子さんは、童顔で小柄だけれど、色気があってモテますよね。ルックスに自信がない人にオススメしているのは、男性が持っていない女性らしい部位をさりげなくアピールすること。例えば、長い髪、ウエスト、デコルテ、細い足首や手首などです。それらをしっかりケアしてツヤのある状態にしておいて、さりげなく出しましょう」

■エロと色気の違いって何!?

──男性から見て、「エロいな」ではなく、「色っぽいな」と思われるのが理想です。エロと色気の違いってなんなのでしょうか?

「胸や足やお尻をただ露出しているのは、単にエロいだけですよね。色気の場合は、外面的な要素ももちろんですが、内面的なものも必要だと思います。例えば、合コンで話していて、ギャップがある女子は、色気があると言われます。第一印象では社交的に見えたけれど、実は恥ずかしがり屋だとか。こういう意外な内面があるだけで、男性はぐっと引き込まれてしまうんですよ」

──男心をくすぐるようなギャップがあると良いのですね。計算して実行するのは難しそうですが……。

「実践しやすいのは見た目のギャップですね。最初はカーディガンを羽織っていたのに、途中で脱いでノースリーブになるという合コンテクニックがあります。さっきまで長袖だったのに、急に肩が見えると、男性はドキッとしちゃうんですよ。途中から髪をしばるテクも王道です。うなじが見えて、急に女性として意識してしまうんです。こういうアクションから色気は生まれます!」

──なるほど、それならすぐに実践できそう! 他に、色気を出す仕草はありますか?
「例えば、気になる男性が自分の左隣にいる場合、左側の髪の毛を耳に引っ掛けて、首筋を見せつつ話すというのがオススメですね。『あなたに興味がありますよ』という意思表示になり、逆に右側の人をシャットアウトもできます。うなじが見えるのもポイント!」

■色気は母性に繋がる

──表情や話し方などで色気を出すことはできますか?

「話の聞き方は重要だと思います。女子はおしゃべり泥棒しがちなんですけどね。出会いの場に行った時に、攻めの姿勢で行っちゃう女子、いるじゃないですか。『どんな人がタイプなの?』『元カノとはいつ別れたの?』とか、まくし立てちゃう子は色気ないですよね(笑)。相手が話している時は、しっかり目を見て『うん、うん』とゆっくり頷きながら聞いてあげること」

──話をきちんと聞いてくれる相手には、好感を抱きますもんね。

「色気って母性にも繋がるものだと思うんです。相手の話をしっかり受け止める姿勢は、余裕があるように見えるんですよ。あとは、キンキン声で話すのではなく、クラシックのメロディーみたいに流れるようにゆったりと話すことを意識できると良いですね」

──言葉遣いなどで、気を付けるべきポイントは?

「年上でも年下でも基本的には敬語を心がけるほうが良いですね。タメ語はフランクに喋れますが、色気からは遠ざかってしまうかも。『あ〜それ、わかる! ギャハハ!』ではなく、『なるほど、うん、うん』『へぇ、そうなんですね〜』という相槌を多くうつのも会話を続けるのに効果的ですよ」

──そういう相槌って、ちゃんと話を噛み締めてくれているような気分になりますね。

「まさに『この子と喋っていると気持ち良いな』と思ってもらえるのが、色気がある女性だと思います。相手にとって、心地の良い空間を作ろうとする気持ちが大切ですね」
絵音さんいわく、これまでの合コン戦歴から分析して、色気があると言われるのは共通して「余裕が感じられる女性」なのだとか。まさに、外見ではなく内面からにじみ出るものですよね。色気は一日にしてならず。これからは、アラサー女子からこそ引き出せる「大人の余裕」を味方につけましょう!

<プロフィール>
絵音(えのん)
タレントとして活動する一方で累計2000回以上の合コンに携わり、2012年5月8日“コンパの日”に日本合コン協会を設立。合コンイベントや商品のプロデュースなどを手掛ける。最新の合コン事情やノウハウに精通する恋愛アドバイザーとして出演し、著書の出版も多数。自身も合コンで出会った男性と結婚し、一児の母。

(阿部綾奈/ノオト)

関連記事