【コンビニ比較】肉感たっぷりジューシーな冷凍餃子はどれ?

【コンビニ比較】肉感たっぷりジューシーな冷凍餃子はどれ?

レンジで簡単調理♪
餃子はイチから作るのは大変だし、焼くのもなかなか手間がかかりますよね……。でもホカホカジューシーな餃子を手軽に食べたい! という人にオススメなのが、コンビニの冷凍食焼き餃子。袋のままレンジで1分ちょっと加熱するだけで焼きたての味が楽しめるんですよ♪
ということで、早速各コンビニの焼き餃子を揃えてみました! どのコンビニも1袋につき5個の餃子が入っていました。肉感のあるおいしい餃子はどこのものか、味にどんな違いがあるのか、食べ比べてみましたよ♪ 

■ローソン「レンジで出来たて 焼餃子」

焼き色の美しいローソンの焼餃子は108円(税込)でカロリーは178kcalです。パッケージに皮の比率が60%と書いてあります。皮が厚めなんですね。
レンジで温めること1分30秒。具材は肉、キャベツ、ニラなどがバランス良く入っていましたが、やはり皮の占める割合が高い! ちょっと冷めると皮が固くなって、さらに存在感が増します。歯ごたえががしっかりあるので、スナック替わりにお手軽に食べるのに良いかもしれません。

■ミニストップ「国内産豚肉・鶏肉使用 焼ギョーザ」

ミニストップの焼ギョーザはグループ企業であるトップバリュブランドのもの。98円(税込)で152kcalと今回最安値&最低カロリーでした。
皮の比率は55%で、こちらももやはり皮の存在感が強いと感じました。ややニラが少なめでキャベツたっぷりな印象。ニラ、ニンニク感は弱いので、お弁当に入れるのもアリかもしれませんね。栄養表示によると脂質も比較的低めです。ダイエット時に活用すると良いかもしれませんね。

■セブンイレブン「あらびき黒胡椒香る 焼餃子」

セブンイレブンの焼き餃子は108円(税込)。85gとやや重量アップし、カロリーは174kcalです。
食べてみると、肉の旨みが口に広がります。ほどほどの肉感で、ニンニクやニラ、黒胡椒とのバランスが良く、しっかりと味付けされているので、醤油などつけずにそのままパクパク食べられちゃいます♪ これで108円なら、冷凍庫に常備しておいても良さそう。

■ファミリーマート「ジューシー豚肉焼餃子」

ファミリーマートはちょっと高めの162円(税込)。カロリーもお高めの235kcalで100g入っています。値段もカロリーも重さも今回最高値です。
一口食べてみると……ショウガとニンニクがガツンと来て、おいしい‼︎ 明らかに今までの餃子と味が違います。中にしっかり肉が詰まっている感じがあり、パッケージに書いてある「豚肉のあじわい。キャベツ、にんにく、にら、しょうが入りの焼き餃子」という言葉に、偽りのない本格派。最高値の162円を吹き飛ばすおいしさで、筆者リピート決定な餃子でした。が、ニンニク、ニラの風味が強いので、予定のない休前日など、翌日に人と会わない日に食べるのが無難かもしれません。
並べてみると、餃子のタネの量が一目瞭然。ファミリーマートはぎっしり詰まっていますね。なお、すべての商品に焼き色はついているものの焼き餃子のパリパリした皮のおいしさはあまり感じられなかったです。そこはレンジ調理の限界かも。また、どの餃子も袋ごとレンジ調理できますが、餃子が乗っているトレーは穴が開いていて、水漏れするので、袋から取り出す時には、お気を付けください。

値段も安く、ごはんのおかずやおつまみにもぴったりな餃子。また、鶏ガラスープを作って、餃子を入れた即席中華スープなどにアレンジするのも良さそう。冷凍庫で保管しておけば、忙しい時にコンビニに行かずとも食べることができちゃいます。忙しい毎日のごはんに活用してみては?


(田中いつき+ノオト)

関連記事