人気のデザインや相場は?結婚指輪・婚約指輪の選び方

人気のデザインや相場は?結婚指輪・婚約指輪の選び方

結婚を決めたら用意する指輪には2種類ある。結婚式において愛の証として交換する結婚指輪(マリッジリング)、結婚を約束した女性に男性が贈る婚約指輪(エンゲージリング)だ。結婚指輪と婚約指輪を総称してブライダルリングと呼んでいるジュエリーショップが多い。デザインも価格もさまざまな中から、ブライダルリングの選び方やトレンドを紹介。一生身に着けていられるリングを選んで。

エンゲージリングの選び方

男性から女性に贈る婚約指輪(エンゲージリング)。プロポーズの時に渡されて嬉しかったという女性も多いが、好きなデザインを自分で選びたいという女性もいる。男性は女性に、指輪についてどう思っているかさりげなく聞いてから購入しよう。こだわるタイプの女性なら、自分で選びたいと思うはず。

エンゲージリングには特に決まりはないが、ダイヤモンドの指輪が選ばれることが多い。ダイヤは最も硬い石であることから固い絆で結ばれるという意味を持ち、無色透明な色は、無垢な花嫁にふさわしいことなどから多く使われている。ダイヤの他には、花嫁の誕生石を使ったリングもよく選ばれる。リングの素材はプラチナが人気だが、最近はイエローゴールドやピンクゴールドなどを選ぶカップルも増えている。

マイナビウェディングのアンケートでも人気のデザイン「ソリティア」は、ダイヤモンドの輝きを生かしたシンプルなデザイン。ダイヤは0.3カラットのものがよく選ばれている(カラットとはダイヤの重さの単位)。

0.3カラットと言われても、どれ位の大きさかあまりイメージがつかない人もいると思うが、大きさとしては直径4mm程度。小さすぎず大きすぎないこのサイズは、ダイヤモンドならではのきらめきを放ちながらも、激しい主張をしすぎない女性のほっそりとした指に合う大きさ。立て爪の台座によりダイヤモンドの魅力をより引き立てる。また、メインのダイヤの脇に小さなメレダイヤを添えたデザインは、華やかな印象に。同じサイズとカットのダイヤを並べて、リング全体がダイヤの輝きに満ちた「エタニティ」は贅沢な雰囲気となる。長く身に着けることを考えて、女性の個性や魅力を引き立てるデザインを選びたい。

マリッジリングの選び方

男女がペアで身に着けられる結婚指輪(マリッジリング)。普段から身に着けているものなのでシンプルなデザインを選ぶカップルが多い。仕事や家事をしている時も不便に感じないことや、飽きずに身に着けていられるかということを考慮して選ぶといいだろう。

個性的なリングを選びたいなら、立体感のあるモチーフが施されているものなどファッションリングタイプを。ふたりのリングを重ねるとひとつのモチーフになるようなデザインも楽しい。イニシャルや結婚記念日、ふたりの好きな言葉を内側に刻印するのも素敵。同じ言葉をずっと身に着けていると絆がさらに深まりそう。

女性のリングのみダイヤや誕生石をあしらってもいい。日常的にもダイヤの輝きを楽しみたい人には、1粒ダイヤをリングに埋め込んだり、小粒のメレダイヤを散りばめたリングを。最近は、エンゲージリングとマリッジリングを重ね着けできるタイプも人気。セットで着ければ、さらに華やかな印象になる。

また日常的に身に着けるものなので、素材にはこだわって選びたい。プラチナやゴールドが人気だが、最近では丈夫で加工しやすく、さびにくいとステンレスも注目されている。男性と女性ペアで身に着けるので、ふたりがともに長く身に着けていられるものを相談して選ぼう。

ジュエリーショップに行ってみよう

ブライダルリングの人気ブランドには、ブライダル専門で豊富なバリエーションが揃う「I-PRIMO」、ダイヤモンド専門ブランドでダイヤの品質が高いと評判の「ラザールダイヤモンド」などがある。海外ブランド「カルティエ」、「ティファニー」、「ブルガリ」なども不変の人気を誇る。日本を代表する老舗ジュエラー「GINZA TANAKA」、京都発のジュエラー「俄-NIWAKA-」にも注目。日本人ならではの美意識が込められたリングが魅力だ。

実際にショップに行く前に、雑誌やジュエリーショップのパンフレット、ホームページなどをチェックしよう。いろいろと見比べれば、自分がどのブランドのデザインが好きなのかがわかってくる。ショップでは、見た目で気に入ったものでも指にはめてみると違う印象になることもあるのでいろいろ試してみよう。

エンゲージリングは30万円~40万円くらいのリングを、マリッジリングはペアで20万円前後のものを選ぶカップルが多いが、ふたりで予算を決めて無理のない価格のリングを選びたい。エンゲージリングもマリッジリングも、世界でひとつだけのリングが欲しいならアームの素材からデザインまで希望を叶えられるフルオーダーのシステムを利用しよう。

石と素材やデザインをそれぞれ選べるセミオーダーもある。東京都江戸川区西葛西にある「ジュエリーハナジマ」では、好みのルース(宝石)を選び、店内にある500種類以上のサンプルのデザインリングから実物を見て気に入ったデザインを選び、指輪を作ることができる。サンプルの中に自分の好みのデザインがなかった場合は、デザイナーに希望のデザインを伝えてフルオーダーで指輪を作ることもできる。こちらもデザインによって価格は異なるが、20万円台からペアリングを作成可能だ。ふたりの愛の証となるブライダルリングだから、満足できるものを選びたい。

執筆者:ポウパッド

関連記事