モダンかわいい「波佐見焼」のお皿で、おうちカフェを満喫♪

モダンかわいい「波佐見焼」のお皿で、おうちカフェを満喫♪

盛り付けもオシャレに♪
みなさんは、普段の食事にどんなお皿を使っていますか? 実は今、九州のある小さな町の焼き物が、密かに人気を集めています。それが長崎県波佐見町で作られている「波佐見(はさみ)焼」。

慶長4 年、波佐見町村木の畑ノ原、古皿屋、山似田の3か所に連房式階段状 登窯を築き、やきものづくりを始めました。これが波佐見焼の始まり 今から約400年前のことでした。

皿山役所を設置し、磁器の生産に力を入れる大村藩。製造されるほとんどは日常食器で、唐草模様を筆で簡単に描いた「くらわんか碗」と呼ばれた丈夫で壊れにくい、厚手で素朴な製品は波佐見焼の代表になりました。この波佐見焼の食器づくりは、庶民の食文化を大きく変え、生活を豊かに彩り、私たちの暮らしになくてはならない身近なものになっていったのです。

昔から庶民たちに愛され続けているのですね。まさに、普段使いの食器に最適!

でも焼き物って和食にしか合わないのでは?……なんて思っているそこのあなた。実は波佐見焼のデザインは、和食だけでなく洋食にもとっても合うんです! 

TwitterやInstagramでは、実際に洋食やスイーツを盛り付けた写真がたくさんアップされているので、ちょっとだけご紹介します♪ このセンスは驚きですよ~。

■単色のプレート皿

キレイなグリーンやブルーが印象的。色違いで赤や白などもあるみたいです。

■和モダン柄(四角)

一見、どう盛り付けたらいいの? と悩んでしまいそうな柄ですが、意外と万能!  食べるのがもったいないくらいオシャレです♪

■和モダン柄(丸)

今日の夕飯♪ *白ごはん *ミラノ風チキンカツ *千切りキャベツ&ミニトマト *もやしと水菜とちくわのナムル *きんぴらゴボウ *昨夜の鍋の残りにほうれん草追加で汁物 チキンカツは胸肉で♪パン粉にパルメザンとパセリを混ぜてミラノ風に♪ 汁はタイトルそのまま(笑)我が家は鍋の翌日はそこに野菜と水を追加して味を整えて汁物にしてます(笑)♡節約&手抜きを兼ねて(笑)今日は胸肉で剥いだ鶏皮もイン♪良いお出汁が出ましたー꒰*´∀`*꒱ #夕飯#晩御飯#うちごはん#ミラノ風#チキンカツ#アラビア#arabia #トゥオキオ#波佐見焼#natural69#hasami#100均 #小石原焼

pokalonさん(@pokalon)が投稿した写真 -

洋食×和柄の相性ばっちり☆ まさに、おもてなしにもぴったりです! 普通の和食器だと、こうはいかないんでしょうね~。

■北欧風のカラフルな柄

今日の朝ごはん☺︎♫丸パンうまーい????????

Michiko Kさん(@apollo918)が投稿した写真 -

どこか北欧を思わせるようなデザイン。朝食はパン派の人も、こんなかわいいお皿で食べたら、1日のスタートがもっと楽しくなりそう♪

毎日飽きさせないシンプルなものから、ちょっと遊びゴコロがあるものまで種類が豊富なのも、「普段使いのお皿」ならでは。あなたもお気に入りの波佐見焼を選んで、いつものゴハンに彩りを添えてみてはいかがでしょう?

(榮みほ+ノオト)

関連記事