メディア個別 下半身がムンムン臭う… 「スソガ」の正体って? | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
オトナの引きこもり遊び。
下半身がムンムン臭う… 「スソガ」の正体って?

下半身がムンムン臭う… 「スソガ」の正体って?

デリケートゾーンの臭い、気になりますよね。その臭い、もしかしたら「スソガ」かもしれません。

今回は、青山セレスクリニック青山院・川口院、船橋中央クリニック理事長である元神賢太医師に、「スソガ」について詳しく伺いました。

■スソガってどんな症状?

──スソガとはどういった症状なのでしょうか。

「陰部からワキガのような臭いを発する症状を外陰部臭症と言い、一般的にはスソガ(スソワキガ)と呼ばれています。病気ではなく、体質です。肛門周囲からのワキガ臭を指すこともあります」

──スソガはどうして起こるのですか?

「汗臭さとは別の独特の臭いを『ワキガ臭』と言い、ワキガもスソガも、汗腺(かんせん)という汗を出す組織の多さが原因となります。汗腺には『エクリン汗腺』と『アポクリン汗腺』の2種類があります。エクリン汗腺から出る汗はほぼ水分で無臭なのですが、アポクリン汗腺から出る汗は、脂肪やたんぱく質を含んでいます。この脂肪やたんぱく質を雑菌が分解し、ワキガ臭を発生させます。

アポクリン汗腺は陰部や肛門、ワキだけではなく、乳首や乳輪、耳の中などにも多く分布しているため、スソガの方は乳首や耳の臭いにも気を付けてみてください」

──実際「ワキガ臭」ってどういう臭いがするのでしょうか。通常のオリモノ臭との違いを教えてください。

「ワキガ臭は『すえたような臭い』『服の生乾きの臭い』『玉ねぎのような臭い』に似ていると言われています」

■スソガになりやすい人って?

──スソガになりやすい人の傾向はありますか?

「ワキガの症状がある方はスソガも疑った方が良いと思います。女性男性問わず起こりうる症状です。また、陰部の毛が濃い方も、スソガ症状が見られるケースがあります。遺伝的要素もあるため、親族にワキガの方がいらっしゃる場合には要注意ですよ。

デリケートゾーンは蒸れやすいため、スソガの臭いと蒸れた下着の臭いが混じり、より不快な臭いになることも考えられます。スソガの可能性があると思う人は、陰部や肛門周囲の汗をタオルやガーゼでこまめに拭き、常に清潔を心がけることが唯一の対策となります」

──スソガで悩む女性は増えていますか?

「近年は臭いに敏感な社会になっているため、全体の相談件数は増えています。体質として増えているわけではありませんが、気にする人が増えている、という印象です」

■スソガになったら病院へ!

──スソガは自分で治せるものなのでしょうか?

「デリケートゾーン用のシートなどで対策はできるかもしれませんが、根本的な解決にはなりません。市販のワキガ薬なども売られているようですが、刺激が強いためデリケートな陰部、肛門周囲には使用しない方が良いでしょう。

スソガは医療的な治療がもっとも効果的です。過去には毛穴に針を刺し、電気で焼灼する方法がありましたが、痛みを伴い時間を要するため、現在はあまり行いません。代わりにビューホットという高周波を照射する医療機器による治療の人気が高まっています。メスを入れることなく、レーザー脱毛のようにアタッチメントを患部に当て、高周波を照射することでアポクリン汗腺・エクリン汗腺を破壊する方法で、40分ほどで治療が完了します。たった1回の治療で96%以上の方が効果を実感している治療です」

■気になったら相談して

──最後に、デリケートゾーンの臭いに悩む女性に対して、アドバイスをお願いします。

「スソガは、陰部が鼻から離れているため、自分で症状に気付くのは難しいです。通常の汗臭さやオリモノ臭とは異なる臭いですが、自分では臭いに慣れすぎて気付かないケースも多いようです。下着に付着する黄色い染みはスソガのサインとなる場合があるので、注視してみてください。

スソガはあくまでも汗腺の量が関係する『体質』のため、日々の生活習慣の改善で防げるというものではありません。しかし簡単に医療的な治療で治せる症状でもあります。デリケートゾーンの臭いが気になった場合には、ひとりで不安に思わず、一度専門医を受診してください。きっと、解決方法が見つかりますよ」


人にはなかなか言えないデリケートゾーンの臭いの悩み。ほんの少しでも気になった時には、専門医に相談してみてくださいね。

(伊東ししゃも+ノオト)