怖いほど当たってる…! 筆跡診断で性格がまるわかり

怖いほど当たってる…! 筆跡診断で性格がまるわかり

書き方次第で恋愛運も上がる!?
自分の字のクセを気にしたことはありますか? 筆跡は一人ひとり異なり、文字の特徴からその人の性格を読み解くことができるそう。

なぜ文字から人の性格や性質がわかってしまうのか、日本筆跡心理学協会会長の根本みきこさんにお話を伺いました。

■文字には行動や性格が表れる

──筆跡診断とはどのようなものなのでしょうか?

「文字から人の性格や行動傾向などを読み取る心理学の一種です。『書は人なり』という言葉がありますが、文字には書いた人の人となりが表れるんです。

サイン文化である欧米で発達した概念で、欧米では現在でも企業の研修をはじめ、さかんに活用されています。一方、日本は印鑑の文化である上、文字の美しさへの関心の方が高いため、あまりメジャーではないようですね」

──なぜ文字から人の性格がわかるのですか?

「人間の性格は、日々の何気ない行動に表れます。筆跡は行動の痕跡の一つなので、その人の行動パターンが表れ、結果的に性格も読み解けるということなんです」

■性格が丸裸!? 筆跡診断を受けてみた

今回は、実際に筆者が書いた文字を見ていただき、筆跡診断をしてもらいます。事前に用意したのは、「笑門来福」の4文字。
「お忙しい方ですね。動きがとにかく素早く、行動力もあります。ライターさんですが、実は書く時間よりもいろいろな方と会ってお話を聞くことが好きなのではないですか?

あまり自分の主張をしない、控えめな面もあります。お付き合いされる男性はリーダーシップのある方がお好きなのではないかと思います。

また、職人気質であることもわかりますね。不要な情報をシャットアウトして集中したり、自分の世界を大事にしたりする傾向があります」

……あ、当たってる。

文字を見せ、10秒と経たないうちに筆者の性格や行動傾向を読み取った根本さん。さらに、生真面目であることや、芸術の世界に関わってきたことなどを言い当てられ、「文字だけでこんなにわかるんだ!」と、ただただ驚きです。
──具体的に文字のどこを見られたのでしょうか?
「まず『門』のハネの有無を見ました。『門』は本来ハネがありますが、この字にはハネがありません。ハネがない分、すぐに次の文字を書けるので、忙しい方によく見られる傾向です。
次に、『来』の上に突き出した部分です。この部分が短い人は自己主張が控えめ。逆に、ここが長いとリーダー気質がありますね。この部分が短い人と長い人の相性が良いので、相性診断にも使われているんですよ。
また、『福』のへんとつくりの間隔もチェックします。この間隔が狭いと妥協せず孤独に強いタイプ、広いと大らかで社交的な方だと判断しています」

──では、へんとつくりの間を広く書けば、オープンな性格に変えられるのでしょうか?

「その通りです。文字の書き方を変えると、行動傾向も変わります。性格は3重構造と考えられ、最も中心にあるDNAは変えられず、その外側の0~5歳のころに培った領域は変えづらいです。しかし、一番外側の行動習慣の部分は訓練で変えることができると言われています」
「へんとつくりの間が狭いと不要な情報も入って来ず、集中できるので職人型になるのですが、その反面新しい情報が入ってきません。広めに書くと社交性が増し、出会いの機会も増えるので、恋愛運アップが期待できます。他にも、仕事でリーダーシップを発揮したい時などは『来』の突き出しを長く書くようにしても効果的です」

■習慣化すれば性格も変えられる

恋愛運アップと聞き、試しにへんとつくりの間を広めに書いてみましたが、ゆっくりと意識して書かないと、いつも通り、間を詰めて書いてしまいそうになります。
「書きづらいでしょう。でも、長い時間をかけて意識して書き続ければ、ちゃんと変わっていきます。

例えば、『口』という字は下の部分が開いているとツメが甘く、お金が逃げていきやすいと言われています。上が少し開き、下がきっちり閉じていると金運が良くなるので、私は下が開いてしまったら付け足すこともあるんですよ(笑)。

時間はかかりますが、そうやって意識し続ければ習慣になり、性格や運気にも変化が見られるでしょう」
「私は普段、名刺交換をした際に相手の筆跡診断をすることがよくありますが、毎回とても驚かれます。筆跡診断は営業ツールとしても使えますし、合コンでやってみても盛り上がると思います。コミュニケーションツールの一つとして、活用してみてくださいね」

人の内面がにじみ出る筆跡診断。文字を書くだけでできる、気軽な占いのように楽しめそうです。改めて自分や周りの人の字をじっくり見つめてみてはいかがでしょうか。


根本みきこプロフィール
東京都出身。日本筆跡心理学協会会長。講演や診断を精力的に行う傍ら、『ゆほびか』(マキノ出版)など多くのメディアで筆跡アドバイスを実施。著書に『幸せを呼ぶ文字の書き方』(東京書店)がある。筆跡心理学通信講座で添削を担当。

(五十嵐綾子+ノオト)

関連記事