こんな方法があったのか! おどろくべき料理の裏技5選

こんな方法があったのか! おどろくべき料理の裏技5選

ひと手間かけると、その差は歴然!
ひとり暮らしの晩ご飯は、簡単にささっとすませたいところ。ただ、どうせ作るなら同じくらいの手順で、よりおいしくしたいと考えるのもまた、人の常。そんな時に、ちょっとの手間をかけるだけで驚くほど料理のクオリティが上がる方法を知っていれば、料理をするのが少し楽しくなるかも?

今回は、知っていそうで知らなかった料理の裏技を集めてみました!

■いつもの料理をグレードアップ! 主婦から聞いた定番料理の裏技たち!

世の中にある「定番料理」。作り方は知っているけれど、おいしく仕上げるための隠し味って、意外と知らないですよね。

ここで紹介するのは「ハンバーグ」「カレー」「味噌汁」の3品をすこーしグレードアップさせる裏技。忙しい主婦の皆様から聞いたありがた~い裏技たちですよ!

■材料は卵だけ! 至福の味「極上の目玉焼き」

普通に作る目玉焼きに比べ、仕上がりがとろっと濃厚に! 特別な材料も、道具も使わないところが裏技として秀逸ですね! ぜひ、試してみてください。

■市販のまぐろが高級な味に! 「自家製ツナ」の作り方

ツナ缶って色々あるのですが、実はスーパーなどで安く売られている「ビンチョウマグロ」が、割と高級なツナ缶で使われている食材なのだそうです。

「だったら家でも作れるんじゃないの?」と、いうことでtwitterを調べてみると、やっぱり作り方を紹介している人はいるもの。おいし~いツナの作り方を伝授していただきました!

■鶏むね肉を柔らかくする必殺技「ブライニング」

塩水を使った「ブライニング」という調理法をご存知ですか? 適切な量の水、塩、砂糖を混ぜて作った「ブライン液」お肉を漬けこむことで、ビックリするほど柔らかくなるという方法です。特にパサつきがちな鶏のむね肉に潤いを与えます。簡単ですよ! 要check!

■焼き方変えれば全く違う完成度! パリパリの焼き餃子を作る方法

焼き餃子は、パッケージの裏側の方法で焼いている人が多いのでは。それもいいのですが、もっと簡単に、失敗のない方法でパリパリの焼き目をつける方法があるのです。

拍子抜けするほど簡単な方法です。ごらんあれ!
いかがでしたか? どれも取材した内容をもとに、編集部が実際に作って食べてみた裏技たちです。これらを知っていれば、もしも急な来客があっても、簡単に上質なおもてなしができるかもしれません! 覚えやすい裏技ばかりなので、ぜひ試してくださいね!

(岡野とら子+どてらい堂)

関連記事