彼が喜ぶ褒めテクで恋愛成就♪お世辞だと思われないためには?

彼が喜ぶ褒めテクで恋愛成就♪お世辞だと思われないためには?

「男性は褒められたい生きもの」とよく言われますよね。心理学上も、男性はプライドが高い人が多く、褒められると大きな喜びを感じると証明されているのだそう!...

「男性は褒められたい生きもの」とよく言われますよね。心理学上も、男性はプライドが高い人が多く、褒められると大きな喜びを感じると証明されているのだそう! でもただ褒めるだけでは、お世辞だと思われてイラッとされることも...? そこで今回は、男性が喜ぶ褒め方のポイントをお伝えします♪

ポイント①「自我関与が高い」部分を褒める

「自我関与が高い部分」とは、その人が興味や関心を持っていたり、一生懸命に頑張っていること。その部分を褒めるのがキモです! 一般的には、仕事が大事だと考える男性が多いので、仕事について褒めれば外さないでしょう。ただしオシャレな男性やエステに通う男性に対してはルックスを褒めたり、持ち物にこだわっている人には、そのセンスを褒めたり、その人の特徴に合わせて褒めると、よりGood! ちなみに「自我関与」の低いこと、つまり彼の興味関心がないことをいくら褒めても逆効果に。これを繰り返すと、「もういいよ」とイラッとさせてしまうかもしれません。

ポイント②人を介して褒める

プライドが高すぎる男性は、面と向かって、褒められるとお世辞かもしれないと素直に受け取ってくれないことも。そこで試したいのが、人を介して褒める方法。利害関係のない第三者の口から、間接的に褒め言葉を聞くと信用しやすくなるのだそう! これを心理学ではウィンザー効果と言います。彼の周りの人に彼への気持ちをさりげなく漏らしたり、いっそのこと本人に伝えてもらうようお願いしてみても◎!

ポイント③合いの手を入れる

男性は、女性にとって常にヒーローでありたいという願望を持っているので、一生懸命に頑張っている時に、「すごい!」「さすが!」「頑張ってるんだ!」という言葉を会話の途中に入れるのも効果的です。これなら、何を褒めようか考える必要もありませんね♪

また直接的な褒め言葉ではありませんが、以下の方法も褒め上手を目指すなら覚えておきたいテクニックです。

感謝の言葉を伝える 例えば、デートのあとで「楽しかった」と言えば、積極的にデートに誘ってくれるようになります。また、「(電話で)あなたの声が聞けて良かった」といえば、どんどん電話をかけてくるようになるでしょう。 笑顔で相槌を打つ 相手の言葉に「へー、そうなんだ」「なるほど」という合いの手を入れることも、相手を認めることになるので、大きな意味で、褒め言葉と同じような効果があります。

番外編:ライバルを褒める

彼が喜んでくれるからといって、毎日「あなたが一番」と褒めていると高慢になることも! そんな時は、嫉妬という恋のスパイスを加えて、男性を燃えさせるのも◎! たとえば、彼の友達を褒めてみましょう。ライバルの存在を意識させると、せっかく獲得した異性をライバルに取られたくないという、理性ではコントロールできない「配偶者防衛」心理が働きます。簡単に言えば、ジェラシーです。しかし、あまり頻繁にライバルを褒めると彼氏は怒り出すので、要注意ですよ!

褒め上手は愛され上手。今日から早速ポイントをおさえて、彼のハートをロックオンしちゃいましょう♪

お話を伺ったのは...
認定心理士/村田芳実さん
恋愛からメンタルケア、ビジネスなどに心理学を応用する方法についてブログや書籍など、執筆活動を展開。著書に『モテ男モテ女の恋愛心理学』。心理士村田の女性心理学

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

関連記事