ニベアメンクリームが新発売! 通常のニベア青缶と比べてみた

ニベアメンクリームが新発売! 通常のニベア青缶と比べてみた

あっ、意外と違う!?
スキンケアの大定番、ニベア青缶。そんなニベアシリーズに2017年9月23日、「ニベアメン クリーム」が新登場! ニベアのメンズラインであるこちらのクリーム、普通のニベアクリームとどうちがうのでしょうか? 筆者自ら、試しに使ってみちゃいました。

■ニベア青缶 vs ニベアメンクリーム

おなじみ左がニベア青缶。正式名称は「ニベアクリーム 中缶」で、内容量は56g。メーカー希望小売価格は設定されていませんが、筆者の買ったこちらは203円(税込)。なお、50gのチューブタイプと、169gの大缶も発売されています。

右側が新発売の「ニベアメン クリーム」。内容量は75gで、ニベア青缶(中缶)よりもたっぷり使えるサイズです。価格は486円(税込)と、青缶よりもお高めの値段設定でした。
フタを開ければこんな感じ。表面が平らできっちり詰まったニベア青缶に対して、ニベアメンクリームはかなりとろっとした印象。色合いも、ニベアメンクリームのほうがわずかに明るい白色ですね。
指を滑らせてみました。ニベア青缶はクリームがかなり硬いですね。
写真だとわかりにくいのですが、ニベアメンクリームは非常にクリームが柔らかく、指先を持ち上げるととろりと垂れてしまいそうなほど。質感が全然違いました……!
手の甲に伸ばしてみると、差がわかりやすい! ニベア青缶はべたーっとしていて、あまり伸びるという感じではなかったのですが、ニベアメンクリームは非常に伸びがよく、スルスルと塗ることができました。
塗ったあとの写真。ニベア青缶はぺたぺたとしていて塗ったあともしばらく手のひらのぺたぺた感が続きますね。保湿力には定評のある商品なので、しっかりと手のひら全体が保湿クリームでパックされている感覚があります。
ニベアメンクリームは手のひらの見た目こそ大差ないものの、塗ったあとのぺたぺた感はなく、手のひらがさらさらになりました。パックされている感じはないけれど、気軽に塗ることができそう。

■保湿力は? 匂いは?

このあと半日ほど、左手にニベアクリーム、右手にニベアメンクリーム、を付けた状態で過ごしてみました。あくまでも筆者の私見ですが、保湿力にはそんなに変わりがないような気がします! 何も付けていない状態に比べると、どちらもお肌ぷるぷるしてます。さすがニベア。

塗り心地という点では、筆者的には断然ニベアメンクリームなのですが、一点気になるのが「匂い」。メンズラインということもあり、男性用のスキンケアの匂いという感じ。青缶がニベア独特の香りであるのに対し、ニベアメンクリームは清涼感のある香りです。香りが全然違うので、試してみる価値ありますよ。

両方使いたい女子は、例えば匂いを気にしたい場所では青缶を使ってみたり、ベタベタとした質感を避けたい外出時などはサラサラのニベアメンクリームを使ってみたり。ベタベタしても良いからたっぷり保湿したいなんて時にはプチプラな青缶に頼るのも良いかもしれませんね。

新登場のニベアメンクリーム。シーンによって女子でも使い分けられそうな、優秀スキンケアアイテムになりそうです♪

(伊東ししゃも+ノオト)

関連記事