ネイルホリック公式アンバサダー・みんnailさんに聞くセルフネイルのコツ

ネイルホリック公式アンバサダー・みんnailさんに聞くセルフネイルのコツ

初公開のデザインは必見!
服を着替えるようにその日の気分やコーデに合わせて変えられるセルフネイル。今回は毎日が楽しくなるようなセルフネイルをSNSで紹介しているみんさんのネイルをご紹介します。

■みんさんのネイルの魅力

みんさんのネイルの魅力は「自分でもちょっと頑張ればできるかも!」と思わせてくれるデザイン性。今回はこんなステキなセルフネイルを紹介しているみんさんに不器用でも安心してトライできるネイル案をレクチャーしていただきましたよ。

──まずは、簡単なプロフィールを教えていただけますか?

「趣味でセルフネイルを楽しんでいる『みん』と申します。KOSEのネイルブランド、『NAIL HOLIC(ネイルホリック)』の公式アンバサダーを務めています。先日は、homei主催の『夏のネイルに着がえようキャンペーン』のネイルコンテストで特別賞をいただきました。かわいい爪にすることで何でもない普段の生活を少しでもワクワクするような日常にしよう! と思いながらデザインしています」

その他のネイルコンテストでも受賞歴のあるみんさん。早速オススメのネイル案を教えていただきましょう。

■2017年秋のオススメカラ―!

──秋にオススメのネイルカラーを教えてください。

「秋の定番人気カラーである、ボルドーやワインカラーなどの『ダークレッド』がオススメです」
左からネイルホリックRD403、RD408、RO606
「深みのある赤は、大人の女性らしく華やかでセクシーな色。全面塗りだと少しキツイ印象に感じてしまう時は、ハーフフレンチにしてもかわいいと思います」
使用色:ネイルホリックRD403,GD083
塗るだけでレディな印象になるカラーたち。秋ネイルを始めるならまずは一本お気に入りのダークレッドのポリッシュをゲットして!

■秋に試したいネイルデザイン

──秋にオススメのネイル案を教えてください。

「秋といえば、ハロウィンで浮き足立つ季節。ハロウィンモチーフを使ってみるデザインにチャレンジしてみて。黒猫や月のモチーフならハロウィンすぎず、普段使いもしやすいですよ」
使用色:ネイルホリック BL913,BE318 /猫ネイルシール:pa
使用色:ネイルホリック RO606,GY016/月ネイルパーツ:セリア
「ネイビーやワインレッドのような派手めなダークカラーには、ベージュやグレーといった彩度の低めなカラーと合わせると、大人っぽくオシャレにまとまります。

ハロウィン本番が近くなってきたら、ジャックオランタンやコウモリ、蜘蛛の巣など、より遊び心のあるモチーフを選んでみても楽しいと思います。

日が短くなってきて、夜が長くなってくる時期です。夜に似合いそうなダークカラーに、キュートなワンポイントを入れて、わくわくするような秋の夜長を過ごしてみて欲しいです」

ベタ塗り×シールのワンポイントのネイルデザインながら、とてもステキなネイルデザインですよね。色合わせを考えたり、どのシールを貼るか考えたりするだけで秋の夜は楽しくなりそう。

■みんさんのリコメンドアイテム!

──最近買って良かったネイルグッズを教えてください。

「ネイルホリックの補正下地は買って良かったです。爪の凸凹や色を補正するアイテムで重宝しています」
「私はポリッシュでネイルを繰り返しているため、爪が黄変してしまっていて、素爪で出掛けるのが恥ずかしいと思っていました。ほんの少しだけブルーのパールが入っているベースコートなので、これによって黄変している部分が、キレイに見えるように補正されるんです。ネイルカラーはできないけど、素爪で出掛ける時や、素爪を生かしたクリアなデザインをする時などに使えますよ」
爪がキレイなだけで印象もぐっとアップ。女子の味方になってくれそうなネイルアイテムです。

■ネイルが苦手なあなたはココからチャレンジ

──セルフネイルを失敗してしまうことって多いと思うのですが、どうしたらうまく塗れるようになるのでしょうか?

「まずは、色選びを楽しむことがセルフネイルを上手に仕上げるコツだと思います。その時のファッションのカラーや遊びに行く予定にちなんだ色など真剣に考えて選んだ色なら、単色塗りだけでも気に入ったネイルになるはずです。まずは、ワンカラーを真剣に丁寧に塗ってみるところから始めるのが上達のコツですよ」
使用色:レブロン585(ボヘミアン)
「ネイルアイテムは100均やプチプラでもかわいいものを簡単に手に入れられるようになりました。気軽に買えると色をたくさん増やしたくなったり、シールやパーツをたくさん使いたくなったりすると思うんです。でも足せば足すほど時間もかかるし、ヨレたりバランスが悪くなってしまう可能性が高くなります。

色数を増やすのも、プラス1色ずつ。シールやパーツを増やすのも、ワンポイントか少しずつプラスしていくと失敗は少ないと思います」

まずは欲張らずにシンプルネイルから始めるのが上達への道みたい。今回教えて頂いたネイルデザイン以外にもみんさんのSNSには参考になるネイル案がずらり。ぜひチェックしてみて♪

画像提供/みん

(まつだあや+ノオト)

関連記事