【コンビニ比較】冷めてもおいしいフライドポテトはコレだ!!

【コンビニ比較】冷めてもおいしいフライドポテトはコレだ!!

最後の1本まで楽しめる♪
みなさんはどんなフライドポテトが好きですか? サクサク、ホクホク、塩気のバランス……いろんな好みがありますよね。でも筆者が重視したいのは「最初から最後までおいしい」こと!
正直、時間が経ってしなびたポテトって、テンション下がりませんか? なのに、コンビニで調達してから食べ終わるまでに、どうしても最後の方は冷たいポテトが残っちゃう……。そんなわけで、「最初から最後までおいしい」ポテトを探すため、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップの4つのコンビニポテトを食べ比べてみました。

■ローソン

ローソンの「フライドポテト」は140円(税込)。カロリーは221kcal。じゃがいもが食べやすい大きさにカットされて皮付きのまま揚げられています。とにかくじゃがいものホクホク感がすごい! 塩気は薄め、じゃがいも本来のおいしさを味わえます。

揚げたてはとてもおいしいんですが、味が素朴で単調なので、「最初から最後まで楽しめるか」と言われたら、筆者個人的にはNO。量はそれほど多くありませんが、1本あたりのじゃがいも感がすごいので、そんなにパクパク一気に食べられるわけでもなく。女子のペースでは、必然的に最後の方は冷めてしまうかも。冷めたじゃがいもがどんどん口の中の水分を奪います……。

ローソンのフライドポテトはみんなでシェアして揚げたてを食べたい! という筆者の結論に。

■ミニストップ

ミニストップのXフライドポテト、198円(税込)。カロリーは343kcal。特徴的なのがその形。X型にカットされたフライドポテトは食感を楽しめるのがポイント!

揚げたてめちゃうま!! ちなみに買った直後のポテトはやけどしそうなほどアツアツでしたよ! 他のコンビニと比べると「ホクホク感」は薄め。その代わり一口が軽いのでスナック感覚でお手軽に楽しめるのがGOOD。

全体的に味は薄めで、前評判通りサクサク感を楽しむポテトという印象でした。冷めてしまうとしんなりしてしまうので、やっぱり一気に「残念なポテト」に。揚げたてはこんなにおいしいのに……。

■ファミリーマート

ファミリーマートの「ファミポテ(皮付き)」。価格は108円(税込)、231kcal。ちなみに筆者が買ったこちらは、サイズ違いの「ファミポテL(皮付き)」。180円(税込)、383.5kcal。

外はカリカリ、中はほくほく、じゃがいもの味は強め。じゃがいもをそのままカットしているため、ローソンのフライドポテトにも似た素朴な味わいのポテトです。

しかしここからがファミポテの一番の特徴。なんと添付のシーズニングで味の調整が可能なんです。現在シーズニングは5種類(マヨソース、トマトケチャップ、ロレーヌ岩塩、サラダエレガンス、ホットチリ。店舗によって取り扱っているものが違う場合があります)。好きなシーズニングを1つ選んで、お好みの味に調整できるんです。

例えば揚げたてポテトはプレーンで楽しみつつ、冷めたポテトはホットチリ味で〜といった工夫もできるんですね。これなら確かに飽きないかもしれない!

■セブンイレブン

そして筆者が「最初から最後まで1番おいしい」と思ったのが、セブンイレブンの「フライドポテト」、160円(税込)。カロリーは191kcal。見た目はローソンやファミマのものともよく似ていて、「またどうせ温かければおいしいけれど、味が淡白で、最後パサパサになるポテトなんでしょ……?」なんて考えていた筆者はびっくり。ごめんなさい、甘く見てました。

味は全体的に濃いめ。じゃがいもをカットして揚げたポテトはじゃがいも自体の味が淡白になりがちですが、セブンのポテトは味付けされたマッシュ状のポテトを成形して揚げているので、中までしっかり味がついているんです。しかも冷めてもパサパサせず、ホクホクのまま! やみつきになるおいしさでした。

■結論

筆者が「最初から最後までおいしい」と感じたフライドポテトは「セブンイレブン」! もちろん揚げたてのポテトはどこもかなりおいしかったのですが、冷めてもおいしいのはありがたい……。

おいしさのポイントは人それぞれ。「ポテトの素朴な味わいが好きだ!」とか「サクサクしてるポテトが一番!」とか。中には「しんなりしたポテトのほうが好き」という人もいますよね。

みなさんも、自分好みのフライドポテトに出合えれば、コンビニ巡りがちょっと楽しくなるかもしれませんね♪

(伊東ししゃも+ノオト)

関連記事