長持ちさせたい! 正しいブラジャーの洗濯とお手入れ方法って?

長持ちさせたい! 正しいブラジャーの洗濯とお手入れ方法って?

意外に汚れているんです!
毎日身に付けるブラジャーのお手入れ、どうしていますか? お気に入りの下着は少しでも長く楽しみたいですよね。ブラジャーの正しいお手入れ方法を知るために、ワコール広報・宣伝部の金岡茉莉子さんにお話を伺いました。

■毎日手洗いが基本

──ブラジャーの洗濯は、どのように行うのが一番良いのですか?

「ブラジャーは、肌に直接触れているため目に見える目立つ汚れこそなくても、汗や皮脂などを吸っているもの。着用したその日のうちに手洗いすることをおすすめしています。

洗濯機を使用すると、遠心力でワイヤーが曲がったり折れたり、カップ部分の型崩れが起きて、ブラジャー本来の機能が低下してしまう可能性があります。レースやビジューなど繊細な素材やたくさんのパーツが付いているデザインはもちろん、服にひびきにくいことで人気のモールドブラジャーも型崩れしやすいので手洗いを推奨しています」

──ブラジャー専用の洗濯ネットが販売されていますが、どのように使うのでしょうか?

「手洗いをした後、洗濯機で脱水をかける際に使用してください。脱水は、型崩れを防ぐために数分間で済ませましょう。とはいえ、毎日手洗いが難しいという人も多いと思いますので、そのような場合には、最初から洗濯機に入れてしまってもOKです。必ずブラジャー専用の洗濯ネットにひとつずつ入れましょう。ホックを留めて、ストラップをカップの中におさめた状態で入れることで生地の傷みを軽減させることができます」

手洗いがベストなのはわかっているけれど、例えばお気に入りの度合いに合わせて、洗濯機とうまく使い分けるのもアリかも。何より大切なのは早く汚れを落とすことのようです。

■ブラジャーの劣化のサインはどう見極める?

──下着の買い替えの見極めポイントを教えてください。

「まず、見た目の劣化が気になったら買い替えのサインです。見た目がくたびれていたり、カップがしわしわでへこんでいたり、サイドのメッシュゴムが伸びたり薄くなっているとブラジャーの機能も低下しています。ストラップも伸びていくため、調整しても肩から落ちてしまう場合は買い替えがおすすめです」

──買い替えるたびにサイズ測定は必要ですか?

「はい、半年に一度の測定をおすすめしています。体重の増減に関わらず、加齢によって胸の柔らかさや形は変わっていきます。年齢や体形に合ったブラジャーを付けることで、胸の形をよりきれいに見せることができますよ」

■ブラジャーの手洗い方法を実践!

正しい手洗いの方法を教えていただき、実践してみました。
まずは、洗面器や流し台にぬるま湯をはります。ぬるま湯に極少量のおしゃれ着用の中性洗剤をいれて、かき混ぜます。
パッドを外した状態で、ブラジャーをぬるま湯に入れます。両手でカップを挟むように持ち、押し洗いをします。力はあまりいれなくても大丈夫。
パッドも同様に押し洗いをします。
押し洗いしたあとにストラップの付け根部分を持ち、水の中で泳がせるように振り洗いをして汚れを落とします。
水を抜いて、流水ですすぎ洗いをして終了です。思っていたよりも簡単で、あっという間に洗い終わりました。あとはブラジャー専用の洗濯ネットに入れて、洗濯機で数分脱水をかければOK。
脱水が終わったら、湿っているうちにカップの肌側を中心から外側に向かって引っ張るように形を整えましょう。干す時はホックを留めて、伸びにくいカップの下2カ所をはさんで、陰干しです。化学繊維は直射日光に弱いため、白いブラジャーなどは黄色く変色してしまうこともあるそうなので注意しましょう。

毎日手洗いと言われた時には、正直少し躊躇してしまいましたが、実際に洗ってみると3分もかからず洗うことができました。丁寧にケアをして、お気に入りのブラジャーを長く使っていきたいですね。

(橋本結花+ノオト)

関連記事