汗をかいても大丈夫!? 無印の汗じみしにくいTシャツがすごすぎる!

汗をかいても大丈夫!? 無印の汗じみしにくいTシャツがすごすぎる!

絶対買い!!
夏になると出番の増えるTシャツ! でも汗じみが気になって、スタメン候補から外れてしまうカラーもあるのでは? そんなお悩みを解決してくれるTシャツが、無印良品から販売しているんです。

■スゴすぎるTシャツはコレ!!

それがこの「汗じみしにくい」Tシャツシリーズ。昨年は販売がなかったものの、今年待望のカムバック! 襟元のデザインは、UネックとVネックから選ぶことができます。サイズはXS~XLの4サイズ、カラーは白、黒、カーキグリーン、ライトグレーの4色展開です。
素材は綿とポリウレタン。タグもなく、着心地も抜群!! ストレッチが効いているので動きやすい~。筆者はUネックをゲットしたのですが、深めのUネックでスッキリ着られますよ。

しかし、気になるのは着心地だけではありません。色の変化がもっとも目立ちやすいライトグレーのTシャツで、本当に汗じみしにくいのか実験してみることにしました。

■汗VS無印の汗じみしにくいTシャツ

Tシャツを裏返して実験スタート。汗は霧吹きを使って再現します。霧吹きには100ccの水が入っていますよ~。
まずは軽い汗じみを再現! 肩甲骨辺りの背中一面に30プッシュして、触ると少ししっとりするくらい湿らせてみましたよ。そしてこれを裏返すと……
じゃーん! 全然しみてきていません。表は触っても湿った感じは分かりません。まだまだ平気な様子なので、汗じみの濃さも範囲も広げるように、さらに30プッシュ水をかけてみました。
どうですか? こんなに汗をかいてしまったら、普段ならどうしようと思ってしまう汗の量ですよね。触るとベタベタしていて、普通のTシャツなら表まで濡れている可能性大!! でも裏返すと……
先ほど同様、全然しみてきていません!! 表の肌触りもベタベタ感はありません。これは優秀すぎる。もうここまできたら、どこまでいけるのか試してみたい! そう思った筆者は、思い切って霧吹きの半分の水をかけてみることに。
Tシャツは全体的にびしょびしょです。
濡らしてない面と比べてみると、こんなにも差が。ちょっとやり過ぎてしまったかも……と焦る筆者。恐る恐るTシャツを裏返してみると……
かなり水をかけたのにもかかわらず、この通り、表面への染み込みはゼロ! これは本当に汗じみしにくい様子。これなら汗をかく季節でも、気にせずに着られますね。こんなスゴいTシャツならお値段も張りそうですが、なんと1,490円(税込)とかなりのプチプラ。

洗濯すると効果が薄れるのでは? と心配のみなさんもご安心を。
実は筆者、おととし買った汗じみしにくいTシャツ(カラーはカーキ)もガンガン着ているのですが、3年目の今でも汗じみしにくいままなんです。

コスパも最高な無印良品の汗じみしにくいTシャツ。人気アイテムなので、気になった人はお店に急いで早めのゲットを!

(まつだあや+ノオト)

関連記事