男が思う「いい女の条件」って? 男の勝手な理想を聞いてみよう!

男が思う「いい女の条件」って? 男の勝手な理想を聞いてみよう!

密室に集まった男4人をモニタリング!
今まで「男女の恋愛は成立する?」「男が奢るのは当然?」などのテーマで男の本音をの意見をぶつけ合った「男の本音座談会」。今回は「女性のわがまま」と「過去の話を聞きたいか?」をテーマに語り合うようです。

密室に閉じ込められ、好き放題に理想を語る男たち。引き続きモニタリングしていきましょう!  

■彼女のわがままはどこまで許せる?

タイガーマスク(20代前半・営業職・彼女なし):以前付き合っていた女性から、夜中に「会いたいから今すぐ来て」と連絡がきたことがあります。正直「なんてわがままなやつだ」と思っちゃったんです。次の日は普通に仕事だったので行かなかったら、それがきっかけでフラれてしまいました。なんか、釈然としなかったんですよね。
ファンキー(20代前半・WEBデザイナー・彼女なし):僕も夜中に呼びされるのは嫌です。ただ、わざわざ夜中に呼び出すってことはそれなりの理由があるかもなとも思いますけどね。それがきっかけでフラれるってのも極端なような気がしますが……。なにか別な理由があったのでは?

タイガー:そんな気もします。
大仏(30代前半・既婚・システムエンジニア):私の場合、先々の予定を押さえられるのが苦手なので、「毎週○曜日は私と会う日にして」みたいなことを言われると義務的で嫌な気分になりますね。
おかめ(20代後半・営業職・彼女あり):私は大抵のわがままなら許せる方です。でも、自分の「交友関係」にだけは口を出して欲しくない。「私と友達どっちが大事なの?」と聞いてくる女性がたまにいますが、どっちも大事に決まっています。恋愛と友情のバランスが偏らないように気をつけているので、友達と遊ぶ時は何も言わず見送って欲しいです。

一同:わかるー。

■好きな人の過去を知りたい?

大仏:私はやきもちを焼いてしまうだろうけど、聞いてみたい側ですね。そのやきもちがあった上で付き合いたいと思うなら、その人はきっと本物。「俺が最後の男になったるわ!」って思います。

ファンキー:えー、僕はケースバイケースです。将来一緒にいたいと本気で思った人なら絶対に聞きますが、そう思えない人だったら聞かないような気がしますよ。そこは探りながらって感じで。
タイガーマスク:僕は……正直聞きたくないですね。聞いてみたいけど、それを知りたくない自分がいます。どうしても、過去の人と自分を比べてみてしまいそうで。彼女の恋愛歴じゃなくて、部活とか仕事とか、まだ知らないほかのエピソードを聞けると嬉しいです。

おかめ:え?聞いた方がいいでしょう。その人が好きってことは、当然結婚も意識している。将来一緒に生きていくにあたって、知るべきことは知っておかないと。過去の男を知ったところで、それ以上の男になればよい話ですから。

■男達が考える“良い女”の定義とは? 

おかめ:うーん……男を縛るのではなく奮い立たせ、しっかりと手綱を握ってくれる人が良い女だと思います。男は彼女や奥さんの手のひらで踊っている方が楽ですから。

タイガーマスク:あ、それわかります! あとは、一番の「理解者」となってくれる人! 一緒にいると楽しくて、話が弾んで、素で向き合える人が良いです。そういう女性と出会いたい! 

ファンキー:おっしゃる通り、しょうもないことで怒らない、優しくて思いやりのある人が良いですね。お金なんてなくてもOK。僕が稼いで幸せにします! 

とは言え、ルックスも大事ですけど。

大仏:実際、外見が綺麗な人って、おのずと内面も綺麗だと思いますよ。これは、美人とかグラマーとか、そういうのではなく、自分を磨いているという意味で。常に努力をしている人は素敵だなと思います。

おかめ:家でも小ぎれいにしてくれてるとか?

大仏:そうですね。そういう人は細やかで凛としていると思うんですよね。

■今回のテーマに対する女性側の意見

今回も女性側の意見として、「ドテコ」さんからコメントをいただきました。

ドテコ:わがままの線引きって、確かに難しいですよね。今回は「夜中に突然呼び出す〜」というのが話題となっていますが、普通の人なら、こんなことまずしないですよ! とはいえ、相手の都合に合わせる努力はした方が良いですね。

「好きな人の過去」については、男性側の心の内が垣間見れて面白かったです! 男の人でもやきもちを焼いたり、「聞きたいけど知りたくない」なんて、少し乙女ちっくですね。

“良い女の定義”で印象に残ったのは、大仏さんの「外見が綺麗な人は内面も綺麗」という話。これは本当にそう思います。人は顔に人生が出ますからね……。

色々な意見がありましたが、とっても面白い座談会だったので、また開催する時は教えてくださいね! 
今回の「男の本音座談会」はこれにて終了。男性側の思い込み溢れる意見が大半でしたが、「なるほど……!」と納得してしまう意見も。また機会があれば、もっと多くの男性に集まってもらい、恋愛に対する本音を語り合ってもらおうと思います!

(吉田リオカ+どてらい堂)

関連記事