いつもの味に飽きちゃったら! そうめん変わり種アレンジレシピ

いつもの味に飽きちゃったら! そうめん変わり種アレンジレシピ

そうめんがベビー○ターになる!?
夏の風物詩といえば、やっぱり「そうめん」。うだるような暑い日は、冷たいそうめんをつるっといただきたくなるものですが、毎回同じ味だと、いくらおいしくても飽きてしまいますよね……。

今回ご紹介するのは、ご自宅にある調味料や、余った食材を組み合わせて作る、そうめんの「変わり種レシピ」。ピザからサラダ、おつまみまで、いつものそうめんをさまざまな料理にアレンジしていきます! 

■パリパリ食感がクセになる! そうめんの「チーズピザ風アレンジ」

【材料】

・茹でたそうめん  1束分
・とろけるチーズ  ひとつかみ分
・バジル      3枚
・塩        少々
・ニンニクチューブ 2cmほど
・オリーブオイル  大さじ1
1 )まずはバジルの歯を細かくみじん切りにします。
2 )そうめんを入れたボールに刻んだバジル、とろけるチーズ、塩、ニンニク、オリーブオイルを投入。
3 )箸などを使い、良く混ぜ合わせます。
4 )オリーブオイルを多めに引いたフライパンに、先ほど混ぜ合わせたそうめんを投入。フライ返しを使って引き延ばしながら焼いていきましょう。
5 )裏面がカリカリに焼けているのを確認したら、お好み焼きの要領でひっくり返します。
6 )両面しっかりと焼けたらまな板に移し、食べやすい大きさにカット。
チーズピザ風そうめんの完成です! お好みでブラックペッパーを一振り。

カリカリとした食感で、ほどよいチーズの塩加減もたまりません! 中の麺は適度に油を吸っており、しっとりしていながら、もちっとした食感に仕上がっています。後味にフワッとしたバジルの風味を感じ、一度食べると病みつきになる一品です!  

■おいしくてヘルシー! そうめんの「ツナサラダアレンジ」

【材料】

・そうめん         1束分
・ツナ缶          1個
・リーフレタスなどの生野菜 適量
・オリーブオイル      大さじ2
・塩            小さじ1/2
・ポン酢          小さじ2
・マヨネーズ        お好みで
1 )次は余ったそうめんと生野菜で作る、ずぼら「そうめんサラダ」にチャレンジ。まずはそうめんが入ったボールに生野菜を半分ほど投入します。
2 )オリーブオイル、ポン酢、塩を投入。
3 )そうめんと生野菜をしっかりと和えます。
4 )先ほど和えたそうめんサラダと残りの生野菜、ツナを盛り付け、マヨネーズをたっぷりかけたら完成です! 

おいしくてとてもヘルシーなずぼらそうめんサラダ。ポン酢のほのかな酸味が効いたそうめんが、生野菜やツナマヨと相性抜群です! 野菜をたっぷり取ることができ、それでいてボリュームもあるので、ダイエットメニューにも良さそう。マヨネーズをノンオイルドレッシングにすれば、よりヘルシーな一品となりますね! 

■お酒のおつまみに! そうめんの「ベビースター風ポリポリおやつ」

最後にチャレンジするのは、残ったそうめんを使ったおつまみレシピ。用意するのは、韓国料理でお馴染の調味料、「ダシダ」のみです。塩コショウなどの調味料は一切必要なし! 今回は、「ベビースター風」のポリポリおやつを作っていきます! 
1 )水を切ったそうめんをボウルに入れ、その上から「ダシダ」を小さじ1/3ほど投入。濃いめの味付けがお好きな人は、小さじ1/2がオススメです。その後、そうめん「ダシダ」を“ダマ”にならないよう良く和えます。
2 )多めのサラダ油を引いたフライパンで、先ほど和えたそうめんを揚げ焼きにします。ひっくり返しましょう。
3 )両面きつね色になったらキッチンペーパーの上に取り出しましょう。たったこれだけで完成です! 

一口噛むと“ザクッ!”とした音が鳴り響き、後からくるスパイシーで濃厚な旨味は、まさにベビースター。「ダシダ」を小さじ1/3しか投入していませんが、しっかりと味が付いていることに驚きます。今回挑戦したレシピの中では一番のお気に入りで、キンキンに冷えたビールと一緒に楽しみたくなりました! 
普通に食べてもおいしいそうめんですが、とにかく飽きやすく、量も余りやすいのが悩みどころ。今回ご紹介した変わり種アレンジレシピは、茹でてから時間が経った麺でも試すことができるので、余ったそうめんの消費にも使えますよ! あなたも一風変わったそうめん料理を楽しんでみませか? 

(吉田リオカ+どてらい堂)

関連記事