二段に分けて切る! 美容師に聞いた、正しい前髪セルフカット

二段に分けて切る! 美容師に聞いた、正しい前髪セルフカット

自分で前髪を切るときのポイント
前髪をぱっつんにしている人は、すぐ伸びてしまって大変。毎回美容院に行くのは億劫だし、お金もかかる。そんな時、前髪くらいはセルフカットをするって人も多いのではないでしょうか。

しかし、前髪とはいえ、やり方を間違えれば悲惨な結果に……。そんな不器用女子のために、ここでは美容師さんに「前髪セルフカットの正しいやり方」を教わってきました!

■カットをする前に……

前髪カットをする前に、左右からドライヤーをかけ、生えグセを消しておきましょう。濡れたままでカットするのではなく、きっちりと乾かして。左右上下に引っ張ると、根元のクセが消えるそうです。

■セルフカットはブロッキングが大事!

今回協力していただいたのは、自由が丘にある美容室「Beach」の熊谷千佳さん。

まず、前髪を切る時は「前髪の範囲」を決めます。大体、黒目の真ん中からまっすぐ上を取るといいのだとか。

すでに前髪がある人は、サイドの長い毛をピンで止めましょう。
そして、切りたい位置の少しを人差し指と中指で挟みます。

<ここがポイント!>

この時、前髪を引っ張ってしまうと思ったよりも短くなってしまうので、テンションをかけないように。
挟んでいる指に向かって、斜めにハサミを入れていきます。ほぼ縦です。

ここで、真横にハサミを入れてしまうと見事なまでのぱっつんになってしまうので注意。

下の段を切ったら、今度は留めておいた上の段を切ります。もし下の段で切りすぎた場合は、上の段を長めに切って修正をかける。

<ここがポイント!>

この時、普段「分けたい方」の前髪を少しだけ短く切ります。約5mm程度でいいのですが、そうすることで前髪が流しやすくなるんだとか。髪は短い方から長い方に流れるんですって。

■実際にやってみた!

熊谷さんのレクチャーを受け、実際に筆者も前髪のセルフカットに挑戦してみました
美容室のようなクリップはないので、普通のピンでブロッキング。

生えグセがひどいのでしっかりとドライヤーをかけました。
今回は5mmほどのカット。縦にハサミを入れるのを忘れずに。

前髪の範囲が広い人は左右で分けて切りましょう。同じように上の段も切ります。
自然なぱっつんの完成!

筆者は右側から流しているので、右を少しだけ短くしました。

何回か手を切りそうになったので、ゆっくりと気をつけて切っていってください。

■前髪セルフカットのポイントおさらい

☆カット前にドライヤーで生えグセをなくしておく
☆前髪の範囲を決めたらしっかりとブロッキング
☆上下二段に分けることで切りすぎてもフォロー可能
☆指で挟んで切る時は引っ張らない
☆流したい方の前髪は少しだけ短く切る
ポイントさえ押さえれば、簡単にできる前髪のセルフカット。前髪のためだけに美容院へ行くのが面倒……という人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(彩香+どてらい堂)

関連記事