ワッフルコーンが魅力的! プチ贅沢なコンビニPBアイス特集

ワッフルコーンが魅力的! プチ贅沢なコンビニPBアイス特集

似ているようで、微妙に違う!
コンビニに立ち寄ると、ついつい手に取ってしまう冷たいアイスクリーム。毎週のようにラインナップが変わるコンビニアイスですが、最近はPB商品(プライベートブランド)の人気も高まっているそうです。

ここで気になったのは、「各コンビニのPBアイスって、それぞれどう味が違うの?」ということ。今回は、セブンイレブン・ファミリマート・ローソンの看板PBアイスである「ワッフルコーン」を食べ比べ、その風味や味わいを評価してみることにしました! 

■ワッフルコーン ミルクバニラ(セブンイレブン)

まずはセブンイレブンの「ワッフルコーン ミルクバニラ」からお試し。ワッフルコーン自体はさまざまなアイスメーカーから販売されていますが……コンビニPBアイスの実力はいかに! 
内容量185ml、カロリー292kcal、価格は183円(税込)。乳脂肪分8.0%、乳固形分9.4%のアイスクリームです。
カバーを取った様子がこちら。さっそく食べてみると、バニラとミルクのバランスがよく、とってもおいしいです! 決して濃厚ではなく、比較的さっぱりとした味わい。コーンがとても香ばしく、アイスと一緒に食べると口の中が幸せになります! 

ミルキー過ぎるアイスクリームを「乳臭い」と感じる人も多いかと思いますが、このアイスならペロリといただけるでしょう。逆に、ミルキーな味わいが好きな人にとっては、少し物足りなさを感じるかもしれません。

☆味の評価☆(5段階)
・バニラ感     ☆☆☆☆
・ミルク感     ☆☆☆
・味わいの濃厚度  ☆☆☆
・味わいの種類   バランスタイプ

■ワッフルコーン 北海道ミルクバニラ(ファミリマート)

続いてはこちら、ファミリマートの「ワッフルコーン 北海道ミルクバニラ」です。セブンイレブンのPBアイスに比べ、どのような違いがあるのか気になります。
内容量185ml、カロリー292kcal、価格は194円(税込)。乳脂肪分3.0%、乳固形分9.5%の“アイスミルク”です。(乳固形分10.0%以上 うち乳脂肪分3.0%以上のものがアイスクリームとなる)
表面にはたっぷりのバニラビーンズが。実際に食べてみると、とてもバニラ感が強く、バニラ好きにはたまらない味わいです。舌触りも滑らかで、“バニラタイプの濃厚アイスクリーム”という印象。コーンのサクサク感もクセになります! 

☆味の評価☆(5段階)
・バニラ感     ☆☆☆☆☆
・ミルク感     ☆☆
・味わいの濃厚度  ☆☆☆☆
・味わいの種類   バニラタイプ

■濃厚ミルク ワッフルコーン(ローソン)

最後に試すのはローソンの「濃厚ミルク ワッフルコーン」。“濃厚ミルク”と商品名にもあるように、ミルク感の強いアイスクリームなのでしょう。先ほど食べ比べた2本とは違うタイプなので、どのような味わいなのか気になります! 
内容量180ml、カロリー303lcal、価格は201円(税込)。セブンイレブンやファミリマートのアイスに比べ、若干内容量が少なく、カロリーも高め。乳脂肪分12.1%、乳固形分9.3%のアイスクリームです。
驚くほどミルキーで濃厚な味わい。ソフトクリームのように滑らかな口当たりで、コンビニアイスだということを忘れてしまいそうです。「ミルクアイスが好き!」という人にはたまらないはず。

その一方で、バニラアイス好きの人や、「乳臭さがダメ」という人はちょっと苦手かも。個人的には、3本の中ならこのアイスが一番好きですね! 

☆味の評価☆(5段階)
・バニラ感     ☆☆
・ミルク感     ☆☆☆☆☆
・味わいの濃厚度  ☆☆☆☆☆
・味わいの種類   ミルクタイプ
どれも見た目こそ一緒ですが、その味わいは全く違います。バニラ好きの人はファミリマート、ミルク好きの人はローソン、その中間的な味わいが好きな人はセブンイレブンのワッフルコーンがオススメですよ! 
今回ご紹介したコンビニのワッフルコーンアイスは、200円前後というちょっと高めの価格設定。それもあり、「気にはなるけど手に取れない」という人も多いはずです。でも、どのアイスも本当においしいので、頑張っている自分へのご褒美に、たまには買ってみるのも良さそうですね! 

(吉田リオカ+どてらい堂)

関連記事