【家計の味方】お弁当で大活躍!節約食材の「作り置き」レシピ

【家計の味方】お弁当で大活躍!節約食材の「作り置き」レシピ

お弁当のおかずや忙しい日のおかずのストックに便利な「作り置きおかず」。今回ご紹介するのは便利なだけではありません。節約食材を使ったお財布にも優しいおかずをたっぷりご紹介します。

忙しい朝のお弁当作りにピッタリなのが「作り置きおかず」。そんな作り置きおかずも、できるだけ安く済ませられれば、こんなにいいことはありませんよね。そこで、安くて便利な超万能「作り置きおかず」をご紹介します。

 

作り置きに向いている節約食材

節約食材といってもいろいろありますが、その中でも特に作り置きに向いているおかずをピックアップしました。安いだけでなくきちんと栄養もあるので子どものお弁当にも積極的に使いたい食材です。

 

もやし

節約食材の代表「もやし」。どこのスーパーでも安く売られていて価格の変動もない野菜です。

しかも、もやしは安いだけではなく、栄養も豊富。ビタミンCが含まれ、風邪予防や美肌に効果的。食物繊維も豊富に含まれいているため、腸内環境も良くしてくれます。食後の血糖値の上昇を抑えてくれるため、太りにくい体質へと導いてくれます。

見た目は頼りない感じもしますが、栄養面でも価格面でも頼れる食材です。そして、水分が多いため、「作り置きには不向きなのでは?」と思われがちですが、水分をしっかり絞ったり、水分を吸収する、すりごまやかつお節、とろろ昆布などと一緒に使えば作り置きにも十分活用できます。

 

豆苗

こちらも節約食材としては有名ですね。切り落とした根元の部分を水に浸すとまた伸びてくるので、1袋で2度使えるお得感満載の食材です。育てるときは、水を毎日変えて清潔に保ちましょう。

豆苗には栄養もたっぷり含まれています。カロテンはブロッコリーの6倍、ビタミンCはほうれん草の2倍、食物繊維はじゃがいもの2倍もあります。

加熱すると、色鮮やかなグリーンになるので、お弁当に彩りを添えてくれます。豆苗は、加熱しても食感や色がきちんと保たれるので作り置きに向いています。

 

厚揚げ

いつでも安く売られていている厚揚げは香ばしく、食べごたえも満点。淡泊な味なので、どんな味付けや調理法でも対応できる万能食材です。

良質なたんぱく質を含んでいて栄養もばっちり。カルシウムとカリウムが豊富で、骨や歯を丈夫にしてくれたり、体内の余分な塩分を排出する働きを持っています。

味をしっかり染み込みやすい食材なので、作り置きには最適です。

 

鶏むね肉

お肉界の代表節約食材「鶏むね肉」。ヘルシー、安い、高たんぱくで有名な食材ですが、パサついて美味しくないというイメージもあるのではないでしょうか? しかし、ちょっとしたコツをおさえればしっとり柔らかな食感に仕上がります。冷めてもやわらかいので、作り置きにも最適です。

 

節約食材が主役!安くて便利な作り置きおかず

※保存期間は目安です。

 

もやしの中華風サラダ

ごま油の香ばしい香りが漂うもやしたっぷり中華風サラダ。水分が出やすいもやしは水分を吸収してくれるゴマと一緒に和えて使います。密封容器に入れ冷蔵庫で2日ほど保存可能です。

詳しいレシピはこちら
https://oceans-nadia.com/user/10816/recipe/147680

 

パプリカと豆苗のツナマリネ

豆苗をたっぷり使ったマリネ。パプリカの甘みとツナの旨味との相性も抜群。お弁当に彩りを添えてくれるおかずです。密封容器に入れ冷蔵庫で2~3日保存可能です。

詳しいレシピはこちら
https://oceans-nadia.com/user/10816/recipe/147753

 

鶏むね肉のチャーシュー

鶏むね肉でみんな大好き「チャーシュー」を作ります。しっとりしていてヘルシーな鶏チャーシューです。お弁当だけでなく、おつまみにもおすすめ。密封容器に入れて3〜4日冷蔵庫で保存可能。冷凍すれば、2~3週間保存できます。

詳しいレシピはこちら
https://oceans-nadia.com/user/10816/recipe/148498

 

豚バラ大根と厚揚げの炒め煮

少ないお肉でも厚揚げを入れることで満足度アップ。味が染み込みやすい食材を使っているので短時間で味が染み込んで深い味わいになります。いりこだしを使えば、調味料が少なくても美味しく仕上がります。密封容器に入れ冷蔵庫で2~3日保存可能です。

詳しいレシピはこちら
https://oceans-nadia.com/user/10816/recipe/147430

 

お安い作り置きおかずで家族も大満足!

忙しいときなどに便利な上に、お財布にも優しい作り置きおかずをご紹介しました。ちょっとした工夫で美味しくボリューム満点に仕上がるので、子どもたちや旦那さんもきっと満足してくれるはず。節約食材を有効活用して、家計をやりくりしてくださいね。

こちらもおすすめ!
・今年はお弁当作りに挑戦!作り続けられるコツと冷めてもおいしいおかずのレシピ
・節約弁当テク!缶詰で作る「作り置き」お弁当おかず
・作り置きおかずの6つの基本と便利すぎるレシピ

 

この記事のライター
 
家庭料理研究家 鈴木美鈴
https://oceans-nadia.com/user/10816

関連記事