ハッシュタグ「#失恋の時どうしてた?」にみる、失恋からの立ち直り方

ハッシュタグ「#失恋の時どうしてた?」にみる、失恋からの立ち直り方

泣いてもいいのよ、女の子だもん
時には突然に、時には静かにやってくる恋の終わり……。辛く、切ない失恋の記憶を引きずっているという人も少なくないのでは?

本日2月7日より公開の映画「はじまりのうた」の主人公・グレタもまた、失恋で心を傷つけてしまった女性の一人。ストーリーは、シンガーソングライターの彼女が恋に破れ、傷心のままバーで歌っていたところ、その場に居合わせた音楽プロデューサー・ダンの目に留まって、一緒に音楽を作ることになる……というもの。
映画『はじまりのうた』予告編
(出典 : YouTube/ponycanyon
同作品では、昨年12月24日から2月1日まで、ハッシュタグ「#失恋の時どうしてた?」でエピソードを募集するTwitterキャンペーンを実施。早速見てみると、みなさんそれぞれの「失恋からの立ち直り方」がたくさん投稿されていました!
歌をテーマにした映画という事もあってか、「音楽を聴く」や「好きな歌を熱唱」という意見が多数。失恋ソングでとことん切なさを噛みしめるか、明るい音楽で元気を取り戻すかで意見が分かれるところですね。
まぁ、やけにもなりますよね……。
冬眠期間に入る女子たちも。寝てれば全てを忘れられます(笑)。
一方、次の恋を求める肉食系女子も!

ちなみに失恋した時の心理学的なアドバイスとしては……

女性はつらい失恋のストレスに関連する話題を誰かに打ち明けることで,自らのネガティブな感情を浄化し,かつ失恋がもたらす諸問題を解決するためのアドバイスを開示相手から得る機会をもちやすいといえるでしょう。

だそうです! 確かに、気の置けない仲間に話すことで気持ちが楽になることってありますよね。

今まで一番近くにいた人との間に距離ができてしまう失恋は、当然ながら辛かったり、切なかったりするものです。すぐに立ち直ることはできなくても、グレタのようにきっとまた前を向いて歩き始めることができるはず。

気になった方はぜひ、劇場で「はじまりのうた」を観て、次の恋に向かいましょ♪

(田中いつき+ノオト)

関連記事