どんな女の子が好きですか? 男の本音座談会で聞いてみた

どんな女の子が好きですか? 男の本音座談会で聞いてみた

大学生からアラフォー紳士まで調査!
男性の好きな女性のタイプは千差万別。そんなことはわかっていても、具体的にどんな女性を素敵だと思うのか気になりますよね。

そこで大学生からアラフォー紳士まで世代の違う男性5人を集めた、「男の本音座談会」を開催。理想のタイプや、パートナーの好きなところなど、体当たり調査隊長である私「ドテコ」が根掘り葉掘り聞いちゃいました!

■好きな女性のタイプを教えて!

−芸能人に例えると、どんな女性がタイプですか?
「深津絵里さんですね」(トラさん・38歳/Web関係/彼女いない歴8年)

−おお。透明感とか、芯がある感じとかに惹かれたんですか?

「ん〜直感!」(トラさん)

−これが好きなものに理由はいらないってやつですね。最年少で現役大学生のおかめさんは?
「僕は見た目もキャラクターも佐藤ありささん。なんか大和撫子感があるんですよね。あと旦那さんをしっかり支えている感じもするし、感謝の心を常に持っているところも好き」(おかめさん・22歳/大学生/交際9カ月)

−サッカーの長谷部選手の奥さんの? なんかイマドキな回答が出ましたね〜。しかしまあ、一般女性に大和撫子感求められても太刀打ちできないわ(真顔)
「僕は強さがあって、凛としていて、シュッとした人がタイプだから、真木よう子さんかな。あとはなんだろ、品がある感じ? それは内面から滲み出るものだと思います」(大仏さん・31歳/メーカー/交際4年半)
「僕は断然ガッキー。ドラマの役では明るい感じだけど、実際はちょっとミステリアスな感じがして、もっと知りたい欲を掻き立てられますね」(サルさん・30歳/広告プロデューサー/既婚)
「奇遇ですね、僕もガッキーです。内面の良さって外見に出ると思うんですよね」(マスクさん・37歳/SE/既婚)

−やはりガッキー強し……! あけすけな女性もモテるけど、なんとなく秘密めいた部分を持っている女性も人気の模様。うん、比べちゃダメ。自分は自分らしく生きよう。

■パートナー(彼女)はどんな人?

−さて、理想の女性像がわかったところで、現実はどうなのでしょうか。今のパートナーがどんな人か教えていただけますか? まずはガッキーが好きなサルさん!

「嫁はテンションが高いですね。ノリが合うっていうか。それにネガティブなことは一切言わないなあ」(サルさん)

−なるほど。でも女性って落ち込んでいる時も話を聞いて欲しいって人が多いと思うんですよね。仕事から帰ってきて、家でも仕事の話や愚痴を聞かされたりするのは、やっぱり嫌ですか?

「別に嫌じゃないけど、僕は一切話さないかな。仕事は仕事、家庭は家庭とメリハリをつけているから。嫁も同じ感覚なので、一緒にいてとにかく楽なんですよ」(サルさん)

−なるほど。お互いに干渉し過ぎず、ちょうど良い距離感を保っているのですね。奥さんがガッキーのようにミステリアスかどうかはさておき、サルさんの知らない一面は持っていそう!
−真木よう子さんが好きな大仏さんはどうですか?

「彼女は同業で元同僚でもあるから、戦友みたいなものですね。サルさんとは違って、家でも仕事の話をしたり、相談したりします。一番の理解者で良きパートナーです」(大仏さん)

−おお、まさに真木よう子さんのような強さがありそうな女性ですね! マスクさんの奥さんは?

「妻は同業で同じ会社で働いています。自分を持っていて、頼り甲斐がある人だけど、1人では生きていけないタイプだから放っておけない。結婚10年目ですけど、今でも愛しています」(マスクさん)

−あ〜放っておけないタイプ万能説。おかめさんの彼女はどんな人?

「サークルが一緒で2個下なんですけど、見た目も佐藤ありささんっぽくてドンピシャ」(おかめさん)

−え〜すごい! 理想通りの女性をゲットしたんですね!

「僕は8年間彼女がいません」(トラさん)
好きなタイプと実際好きになった人のタイプは、全てではないにしろ、案外一致する部分は多い模様。でも、理想のタイプを聞いた時は外見が真っ先に上がったのに対し、パートナーについてはほとんどの人が外見を語らなかったことから、最終的に行き着くのは内面なのかもしれません。「やっぱり外見から入るけど、最終的には内面に立ち返る」(マスクさん)とのこと。

とはいえ、まずは身なりをキレイにしておくことにこしたことはないですね。はじまりはそこからかも?

次回は今のパートナーとの馴れ初めを聞いてみようと思います。乞うご期待!

(ドテコ+どてらい堂)

関連記事