パック寿司が高級寿司に早変わり!? たった3分でおいしくできる裏技

パック寿司が高級寿司に早変わり!? たった3分でおいしくできる裏技

自宅で「回らない寿司」気分!
SNSでまことしやかに噂されている、「パック寿司を高級寿司に変身させる裏ワザ」をご存知でしょうか? スーパーで買った安物のパック寿司をちょっと工夫するだけで、まるで熟練の職人さんが握った高級寿司のような味になるんですって。筆者も半信半疑ながら試し、グルメの友人に食べてもらいました!

■やり方は超簡単3ステップ!

今回用意したのは、近所のSEIYUで買った税抜き598円のパック寿司。これが果たして、どう変身するのでしょうか!?
1 ) ネタをすべて剥がし、シャリと分けます。

見た目のインパクトがすごい……。
2 ) ネタを水道水で洗います。

これは、乾燥したネタの表面に水分を与えるためなのだとか。

魚の脂が溶けないよう、なるべく冷たい水でさっと洗ってください。
3 ) シャリは、500Wで20秒レンチン! 

これで職人の握りたてのような、ほんのりあたたかく柔らかいシャリになります。

あとはキッチンペーパーで余分な水気を拭き取ったネタをシャリにのせ、形を整えれば完成です!

■グルメの友人に実食してもらいました!

上は手を加えていない同じ種類のお寿司、下が変身後の裏ワザお寿司です。

これを、何も事情を知らない友人のSさん(自称・超グルメ)に食べ比べてもらいました!

Sさんは細身の女性ながら、パセラの名物「ハニートースト」を1人で完食したという伝説の持ち主。今のところ、グルメというよりただの食いしん坊という可能性も捨てきれません。しかし、食べることへの熱意はホンモノ。食レポに期待です。
まずは通常の中トロを食べてもらいました。「普通においしい」とのこと。

そりゃあそうですよね、だってお寿司ですもの!
お次は、変身後の中トロを食べてもらいましょう。見た目の違いは全くありません。

……が、口に入れた次の瞬間!!
「なにこれ~~~~!?」

近所に響きわたるくらいの叫び声をあげるSさん!

その後も「おいしい」「何かが違う」と興奮気味に食べ続けます。完食してもらったあと、感想を詳しく聞いてみました!

■「裏ワザ寿司」、ぶっちゃけどう?

―普通のお寿司と裏ワザお寿司、どっちがおいしい?

断然、裏ワザお寿司! ネタがふっくらして、肉厚になっているところに感動。考えた人は天才だと思う(笑)。でも、シャリがあったかいのは好みが分かれそう。私みたいに回転寿司に慣れている人は、冷たいままの方が好きかも!

―いちばん、おいしかったネタは?

中トロとあぶりサーモン。変身前が「中の下トロ」か「中の中トロ」だとすると、変身後は「中の上トロ」って感じ(笑)。大トロじゃなくて、あくまで中トロなんだけど、断然厚みが増してリッチな味わいになってる。あぶりサーモンは、舌の上でとろける感じが強まって最高!

―そんなにおいしくなかったネタ、あんまり変わらないネタはある?

全部おいしかったけど、ネタを洗えない玉子、アナゴ、ネギトロあたりは、さすがにほとんど変わらなかったな。あとボイルエビは、洗っても変化なしだったよ。
ちなみに、「高級寿司屋の味になった?」と聞くと、「行ったことがないのでわからない」との回答でした(筆者もです……)。

何にせよ、「おいしくなる」という意味では、裏ワザは真実のようですよ! いわゆる「回らない方のお寿司屋」だとお高いし緊張すると思いますが、いつもよりおいしいお寿司が自宅で楽しめるなんで最高ですよね!

この裏ワザ、ひとりでやっても友人とやっても楽しいこと間違いなし。みなさんもぜひやってみて!

(小麦こねる+どてらい堂)
関連キーワード

関連記事