アイコンをチェック! SNSのプロフィール写真でわかる深層心理とは?

アイコンをチェック! SNSのプロフィール写真でわかる深層心理とは?

自分の性格まるわかり!
TwitterやFacebookなど、今や日常にSNSが欠かせないという女子も多いですよね。そんなSNSを利用する時に、誰しも迷うのがプロフィール写真。何気なく選んだプロフィール写真には、実はあなたの深層心理が隠れているのかも?

今回は心理カウンセラーである園絵先生(@SoNoE_0106)に、ズバリ! プロフィール写真からわかる深層心理を分析して頂きました。

■人からこう見られたいという心理

──SNSのアイコンとは、その人の心理にとってどういう意味合いをもつものなのでしょうか。

「SNSのアイコンというものは、他者から見て『第一印象』『名刺』になるわけです。文章よりも一番にアイコンに目がいきますよね。そのため、『人からこう見られたい』という人間の無意識な心理が働いています。今一度、自分のアイコンを見てみると、自分自身が意識していない隠れた部分を知る機会になりますよ」
──それぞれのアイコンに関して、どんな深層心理であるのか教えてください。

■アイコンが「自分の幼少期の写真」

「アイコンが幼少期の方は『万人受け』されたい、親しみを感じてもらいたい、という心理があります。ノスタルジー、すなわち過ぎ去った時代を懐かしむ気持ちがあり、過去も現在も大切にしていく心優しい傾向があります。協調性が高いです」

■アイコンが似顔絵

「アイコンが似顔絵の方は『絵』にすることによって、自分を『温厚な人柄』として他者に見てもらいたい心理があります。2次元キャラにすることで、親しみや好意を持ってもらいたい傾向があります」

■アイコンが自撮り

「アイコンが自撮りの方は顔を名刺としてアピールしている傾向があります。自己顕示欲が高い方が多いです。第一印象は『顔』が決め手なので、身なりを気にする方が多いです」

■アイコンが動物

「アイコンが動物の方は、自分よりもか弱い存在を大切にする献身的な方が多いです。心優しく、動物のかわいさに癒されており、控えめな性格の方が多いです」

■アイコンが風景

「アイコンが風景の方は喧騒から離れたい心理があります。日頃、周りの人間や環境にストレスを感じているかもしれませんね。好奇心があり、どこか遠くへ心地よい場所を求めている方が多いです」

■アイコンがキャラクターやぬいぐるみ

「アイコンがキャラクターやぬいぐるみの方は、かわいいものが好きな心理もありますが、心がデリケートで人付き合いに悩んでいる方が多いです。がんばり屋さんで、なかなか弱い自分を表に出す事ができず、弱い自分に気付いて欲しい方が多いですね」


いかがでしたか? みなさんは当たっていましたか? 言われてみればそうかも……なんて、自分のアイコンを見て思った人もいるのでは。自分や周りのアイコンを、改めて見てみるのも面白そうですね。

(伊東ししゃも+ノオト)

関連記事