まるでお肉の食感! 「氷こんにゃくの唐揚げ」がヘルシーウマい

まるでお肉の食感! 「氷こんにゃくの唐揚げ」がヘルシーウマい

腹持ちよい、ダイエットメニュー
腹持ちはいいのにヘルシーだと、一部の方から「夢の食材」と評されている「氷こんにゃく」。ダイエットメニューとしても、保存食としても優秀。さらに様々なバリエーションのメニューが作れることで、晩御飯のおかずには重宝します!

今回は氷こんにゃくの作り方と、それを使ったから揚げをご紹介。とっても簡単なので、ぜひ試してみて!

■材料は、こちら

【材料】
・こんにゃく 1枚
・小麦粉   大さじ3
・片栗粉   大さじ1.5
・おろし生姜 小さじ 1/2
・醤油    大さじ1弱
・卵     1個

■まずは氷こんにゃくを作る

こんにゃくを洗い、手でちぎります。洗う際にはいちど熱湯をかけると臭みがとれますよ!

ラップに包んで冷凍庫で1日凍らせます。これだけで、氷こんにゃくはできあがり!

■唐揚げにするには?

氷こんにゃくを冷凍庫から取り出し、ざるに入れて自然解凍。いちど凍ったことで、こんにゃくの中の水分が抜けます。大体1時間ほど置きましょう。ちぎった面を中心に、乾いていくのがわかります。
小麦粉、片栗粉、おろし生姜、しょうゆ、卵をボウルで混ぜます。ダマはそのうちとれます! 気にせずガシガシ混ぜましょう!
ボウルにこんにゃくを入れ、よく混ぜます。
油は中火で加熱。衣を落としてみて、すぐに浮き上がり、泡が立ったなら、いざ、投入の時。
たっぷり衣をつけたこんにゃくを油に投入しましょう。キツネ色になるまで揚げます。しっかり水を切っているので、ほとんど跳ねません。
バットにキッチンペーパーを敷き、揚げたての唐揚げを1分ほど置きます。
お好みでレモンを添えれば完成!
こんにゃくの水分が抜けていることで、弾力が弱くなり、その食感は、確かに肉の繊維のよう。また、しっかりと洗っているので、こんにゃくが持つ独特の香りも消えます。ネットに寄せられている「まるで肉のようだ」という感想にも頷けます。鶏のむね肉を食べているような感覚でした。

肉ではないのに肉を食べているかのような感覚。氷こんにゃくを、ぜひ、お試しあれ!

(岡野とら子+どてらい堂)

関連記事