レースや刺繍もこわくない! 洋服を長持ちさせる正しいお洗濯

レースや刺繍もこわくない! 洋服を長持ちさせる正しいお洗濯

知らなかった、洗濯のしかた♪
みなさんは、正しいお洗濯の方法を知っていますか?

この春トレンドの刺繍やレースのお洋服、冬の間に着ていたルームウェア。とりあえず、洗濯機に入れて洗っているけれど、本当にこれが正しいのでしょうか。
 
手洗いをするべきか、洗濯機を使うべきか。使うべき洗剤などもよく分からずに、なんとなく洗濯している人も多いのでは?
誤った洗濯をしていると、洋服の色が落ちたり、縮みや型崩れが起きてしまったりなど、洋服にダメージを与えてしまいます。せっかく買った洋服、少しでも長持ちさせたいですよね。

■まずは洗濯表示を確認!

洗濯機に入れる前に、まずは服についているタグを確認しましょう! 5つの基本的なマークと、他に点の数や線の本数で強弱が表されています。
(資料提供/ライオン株式会社)
・洗濯おけ:家庭での洗濯が可能かどうか。

・三角:漂白剤の使用が可能かどうか。

・四角:干し方や乾かし方。

・アイロン:アイロンのかけ方。

・丸:クリーニングが可能かどうか

この5種類に大別され、必ずこの順番に並びます。(2016年12月以降の新表示の場合)

さて、これを踏まえて、筆者の私服のタグを見てみましょう。
画像の場合は、記号が7つもありますが、基本は5種類の派生なので、意味を覚えれば怖くありません!
①洗濯おけ:手洗い。

②三角:漂白処理はできない(漂白剤入りの洗剤も使用不可)。

③四角:(左)タンブラー乾燥禁止(右)日陰に吊り干し。

④アイロン:底面温度110度を上限としてスチームなしでアイロンがけできる。

⑤丸:(左)クリーニングの場合はパークロロチエンおよび石油系溶剤による弱いクリーニングができる。(右)非常に弱い操作によるウェットクリーニングができる

これらを暗記するまでは、洗濯表示をチェックし、その洋服に適した洗い方がわかる洗濯判定アプリ「これ洗える?」を使うと便利です。

■アイテム別のお洗濯方法

ここからは洋服のアイテム別に、正しいお洗濯方法を紹介します。

どの衣類も、まずは洗濯表示で洗えるかどうかを確認して、「手洗い・ドライ対応・おしゃれ着コース等の弱水流」もしくは「手洗い」でやさしく洗いましょう。洗剤は、洗濯時の色褪せや型崩れを防止する効果のある、おしゃれ着用洗剤がおすすめ。さらに柔らかく仕上げたい場合は、柔軟剤を併用しましょう。
刺繍が施されている服
 刺繍が施されている服
この春トレンドの刺繍は、誤った洗濯をしていると、刺繍糸のほつれや、毛羽立ちの原因になってしまいます。綿やシルクなど、素材によっても洗濯方法が異なるため、まずは基本の洗濯表示を確認。洗濯機を使う場合は、細かい目の洗濯ネットに裏返して入れることで、傷みを軽減できます。また、刺繍糸の色移りを防ぐために、脱水後はすぐに取り出して干しましょう。
レースやチュールなどが付いた服
レースやチュールなどが付いた服
こちらも基本の洗濯表示を確認します。洗濯中のひっかかりや絡み、摩擦を防ぐために、裏返して細かい目の洗濯ネットに入れて洗いましょう。
冬に着ていた、もこもこのルームウエア
冬に着ていた、もこもこのルームウエア
いつまでも、もこもこをキープするには、柔軟剤を併用するのがおすすめ! そして、上下別に洗濯ネットにたたんだ状態で入れます。これによって、絡みや型崩れを防いでくれる効果も。

筆者は、今回知った「たたんでネットに入れる方法」を実践することによって、いつもよりルームウエアのふんわり感が増したような気がしました。面倒くさがらず、きちんとたたむの、大事ですよ!

※取扱表示に、「水洗い不可」と「ドライマーク」が併記されていたら、クリーニング店にお願いしましょう。
どんな素材でも、まずはタグにある洗濯表示を見ることが大切。表示の見方を理解し、正しい洗濯方法を実践することで、洋服を長持ちさせる洗濯ができます。

あなたも今日からタグをチェック! 大切な洋服と長い付き合いを!

(高橋アメリ+どてらい堂)

関連記事