【無印良品】マンゴープリンの素でアレンジスイーツを作ってみた

【無印良品】マンゴープリンの素でアレンジスイーツを作ってみた

プリンタルトや杏仁にも! 
ふと気が向いた時に作りたくなる「手作りスイーツ」。フォトジェニックな手作りスイーツを撮影し、SNSに投稿している人も多いのではないでしょうか? 今回ご紹介するのは、「無印良品」の「マンゴープリンの素」を使った手作りスイーツレシピ。この素さえあれば、お店で出てくるような、濃厚なマンゴープリンを簡単に作ることができるんです! さっそく作っていきましょう! 

■素さえあれば誰でも簡単! マンゴープリンの作り方

【材料】
・マンゴープリンの素(無印良品)
・牛乳 100ml
・熱湯 250ml
1 )ボウルに熱湯とマンゴープリンの素を入れ、1分ほどかき混ぜて溶かします。熱が冷めると、ざらついた舌触りになってしまうので、手早くしっかりとかき混ぜましょう。
2 )続いて牛乳を加え、再度かき混ぜます。
3 )器にプリン液を注ぎ、あら熱を取ってから冷蔵庫で1〜2時間冷やします。

たったこれだけで完成です! 濃厚なマンゴーの味をしっかり感じることができ、舌触りはとても滑らか。「マンゴープリンの素」一袋で3〜5個分作ることが出来るため、作り置きして冷蔵庫に常備するのも良いでしょう。

■器を変えるだけ! マンゴープリンのタルト

プリン液を注ぐ器を変えるだけで、全く別のスイーツに変身します。ここで作ったのは、100均のタルトレットを使ったマンゴープリンタルト。タルトレットの中にプリン液を流し込み、あら熱を取ってから冷蔵庫で冷やすだけ! 

外はサクサク、中はトロっとした食感のマンゴープリンタルト。スプーンを使わずに食べる事ができ、小腹が空いた時や、作業中の片手間につまめるお手軽スイーツです! 

■杏仁豆腐の素をちょい足し! 「マンゴープリン杏仁」

【材料】
・マンゴープリンソース(先ほど作ったもの)
・杏仁豆腐の素(無印良品)
・熱湯 180ml
・牛乳 180ml
1 )ボウルに熱湯と「無印良品」の「杏仁豆腐の素」を入れ、2分ほどかき混ぜます。
2 )耐熱容器に牛乳を入れてラップし、500Wのレンジで3分30秒温めます。その後、レンジから取り出した牛乳をボウルに入れ、手早くかき混ぜます。
3 )器にマンゴープリン液と杏仁豆腐の液を1:1の割合で注ぎ、あら熱を取ってから冷蔵庫で1〜2時間冷やし固めれば完成です! 

中華スイーツの定番である杏仁豆腐とマンゴープリンの相性は抜群。トロッとした柔らさに、驚くほど滑らかな舌触り。「無印良品」の素を使っただけですが、お店の味に引けを取らない仕上がりです! 今回は、杏仁豆腐の液とマンゴープリン液のバランスを1:1にしましたが、この割合はお好みで調整して下さい。
今回は、「無印良品」の素を使ったマンゴープリンの基本的な作り方と、すぐに実践できる簡単アレンジレシピをご紹介しました。SNSなどで見かける簡単レシピでさえ実践できていないという人も、無印の素を使って、スイーツ作りを始めてみてはいかがでしょうか? 

(吉田リオカ+ヒャクマンボルト)
関連キーワード

関連記事