メディア個別 花瓶として再利用する人も!? レトロデザイン化粧品 | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
鏡の前で、ひとりパリコレ。
花瓶として再利用する人も!? レトロデザイン化粧品

花瓶として再利用する人も!? レトロデザイン化粧品

肌を美しく保ってくれるのはもちろんのこと、女性らしい気持ちも高めてくれる化粧品。中でもレトロで愛らしいパッケージのコスメは、見ているだけで心がキュンとなるものです。

そこで今回はレトロなデザインで人気のプチプラコスメをご紹介します。中には、アイデア次第で再利用できる容器もあるんですよ!

■ロングセラー化粧水「明色美顔水 薬用化粧水」

発売は明治18年という超ロングセラー化粧品「明色美顔水 薬用化粧水」。「美顔水」と書かれた書体や上品な青いガラス瓶はレトロ感満点です。

■懐かしの昭和感! 「マダムジュジュ」の化粧水

こちらも親子2代・3代で愛用してきた人も多いであろう「マダムジュジュ」のスキンケアシリーズ。パッケージの色合いやデザイン、「マダム」というワードに昭和テイストを感じます。

■発売から約120年! 資生堂の「オイデルミン」

資生堂初の化粧品として1897年に発売された拭き取り用化粧水「オイデルミン」。アンティークな雰囲気漂う瓶の容器がなんとも言えない愛らしさですよね。

人気の秘密は使用感だけでなくお値段にもあり! 資生堂ブランドながら540円(税込)という手頃さなので、毎日惜しみなく使うことができそうです。

■使用後は花瓶代わりに!

#rose#carnation#オイデルミン

綺里さん(@cookykiri)がシェアした投稿 -

ロマンティックなデザインのオイデルミンの瓶は、小花を挿して花瓶がわりにするのも素敵です。

■ルームフレグランスの容器に!

さらに別の使い方としては、フレグランスオイルを入れてウッドスティックを挿すことで、ルームフレグランスの容器にするという人も。

■全身用保湿クリーム「スチームクリーム」

これ一つで全身を潤すことができる「スチームクリーム」。パッケージの缶は多種多彩で期間限定のものも多いですが、中にはレトロ心をくすぐるこんなデザインもあるんですね!

■使用後はピルケースに!

使用後の缶は薬やサプリの収納場所としてぴったり! これくらいのサイズならカバンに入れていつでも持ち歩けそうです。


見た目も素敵なレトロデザインの化粧品は、長い間愛用されてきただけあって、「プチプラなのに質が良い」というのも特徴。今回ご紹介した使用後の再利用法も参考に、みなさんも気軽に手に取ってみてはいかがでしょうか。

(鷺ノ宮やよい+ヒャクマンボルト)