メディア個別 賃貸の部屋でもOK! アイアンサークルフック活用術 | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
ちょっとだけ、羽目はずしたい夏。
賃貸の部屋でもOK! アイアンサークルフック活用術

賃貸の部屋でもOK! アイアンサークルフック活用術

ドライフラワーや雑貨を吊るして飾ることで、部屋の雰囲気をグッとオシャレにしてくれる「アイアンサークルフック」。100円ショップのセリアで購入できるアイテムで、壁やカーテンレールなどのスペースを最大限に生かせる優れものです。

そこで今回は、アイアンサークルフックを使ったオススメのインテリア術をご紹介します!

■ドライフラワーを吊してヴィンテージ感を演出

フックにドライフラワーを吊るせば、たちまちヴィンテージ感漂うインテリアグッズに。本物のドライフラワーが手に入りづらい場合は、ドライフラワー風の造花を吊るしてもOK。造花なら床に花びらが散らずに済むというメリットもありますね。

こちらはドライフラワーに加え、オレンジやシナモンを吊したもの。彩りやサイズがそれぞれ異なっていて、全体的に動きのあるデザインになっています。

■フェルトボールを吊してナチュラルな雰囲気に! 

吊して画になるのはドライフラワーだけではありません! こちらはカラフルなフェルトボールを吊るしたもの。ゆらゆらと揺れる様子をいつまでも眺めていられそうです。制作費300円という安さにも驚き!

■アンティーク風ペンダントライトに変身!

フックにライトを引っ掛け、ダイソーのカフェカーテンで覆うことで、アンティーク風のペンダントライトに! 温もりのある明かりがとっても素敵ですね。

■鴨居フックがあれば賃貸の部屋でも安心!

「部屋に吊す場所がない」「壁を傷付けたくない」という人にオススメの方法がこちら! 同じく100均で手に入る鴨居フックを使い、ピクチャーレールや窓枠などにフックを取り付けることで、部屋を傷付けずにアイアンサークルフックを吊るすことができます。


部屋のインテリアの主役になるアイアンサークルフック。こうしたヴィンテージ雑貨店で販売されていそうなアイテムが100円で手に入るのはうれしいですよね。鴨居フックを使えば賃貸の部屋でも取り入れることができるので、みなさんもオシャレな部屋作りに役立ててはいかがでしょうか?

(インディ+ヒャクマンボルト)